診療科・部門紹介

脊椎外科手術のご案内

当院では、脊椎手術を積極的に施行しております。経皮的脊椎内視鏡手術は毎年約100件のペースで行っており、経験症例数は豊富です。また日本整形外科学会認定脊椎内視鏡認定医である橋本医師だけが脊椎手術を行っておりますので、研修医や経験の浅い医師が手術をすることはありません。近隣の大学病院、総合病院、クリニック等の医師より多くの手術の依頼を受けております。

経皮的脊椎内視鏡手術(PED,PEL,PECL,PECF)は世界の最小低侵襲手術です。豊富な経験や高い技術と高価な特殊手術器具が必要な手術です。そのような理由からPEDに関しては自費診療を行っている病院もいくつか存在します。当院では必ずしも経済的に余裕のない患者様でも、安心して最高レベルの医療が受けられるように通常の保険診療での手術としています。

腰椎経皮的内視鏡下髄核摘出術ついて

PED法

腰椎椎間板ヘルニアの最小侵襲手術で、6mmの操作管の中で3-4mmの小鉗子を用いて内視鏡画像を60倍拡大して髄核摘出を行うものです。

局所麻酔と軽い静脈麻酔で行うPED(percutaneous endoscopic discectomy)で行います。後側方又は後方から脊柱管にアプローチをします。神経に触れずにヘルニアが摘出でき、骨切除や黄色靭帯切除の必要がない最小侵襲手術です。

X-stop挿入術

手術当日より歩行可能です。翌日か翌々日退院される方が多いです。また、日帰り手術も可能です。

まだ全国でも施行可能な施設は少なく、埼玉県では当院のみで施行可能です。

X-stop挿入術

腰部脊柱管狭窄症の経皮的内視鏡下椎弓切除術について

経皮的椎弓切除術(PEL)とは

腰部脊柱管狭窄症に対する世界の最小侵襲手術です。
経皮的椎弓切除術(PEL)は、7~8.mmの皮膚切開で経皮的ヘルニア内視鏡手術(PED)で使用する極小内視鏡システムを用いて肥厚した黄色靭帯や骨を切除し、神経の除圧を行う手術で、全世界的に数施設のみしか行われておりません。PED用の極小内視鏡のみの機械でPELが行えるのは、東京、神奈川、埼玉全域で当院のみです。
当院では、腰部脊柱管狭窄症と腰椎すべり症の方のほぼすべての手術適応の方にPELを行っております。

治療方法

手術室で局所麻酔と鎮酔麻酔がかかったあと、手術はうつぶせで行われます。
手術中は、寝た状態です。
麻酔をおこない背中側から7~8mm程皮膚切開します。切開部にチューブを設置し、内視鏡や専用の手術器具を挿入します。
極小内視鏡下で行うため、皮膚切開は7~8mmですみます。

経皮的椎弓切除術(PEL)

内視鏡手術の長所
  • 正常な組織にほとんど触れないので手術後の痛みが少なく、神経癒着のような後遺症が発生する可能性が減少します。
  • 手術中の輸血は必要ありません。
  • 手術部位の傷跡が微細、又はほとんど見えません。
  • 入院期間が数日であり、早期退院が可能できます。また、日帰り手術も可能です。

頚部脊髄症の経皮的内視鏡下椎弓切除術について

経皮的内視鏡下頚椎椎弓切除術(PECL)とは

頚部脊髄症に対する世界の最小侵襲手術です。
経皮的頚椎椎弓切除術(PECL)は、7~8.mmの皮膚切開で経皮的ヘルニア内視鏡手術(PED)で使用する極小内視鏡システムを用いて肥厚した黄色靭帯や骨を切除し、神経の除圧を行う手術で、全世界的に数施設のみしか行われておりません。PECLが行えるのは、東京、神奈川、埼玉全域で当院のみです。
当院では、頚部脊髄症の多く方にPECLを行っており良好な成績を残しています。 ただし、広範囲の狭窄がある場合や後縦靭帯骨化症がある場合などは従来どおりopenの椎弓形成術をお勧めすることがあります。

治療方法

手術室で全身麻酔がかかったあと、手術はうつぶせで行われます。
仰向けの状態で麻酔がかかり、手術が終了して目が覚めるときも仰向けになっています。
麻酔をおこない背中側から7~8mm程皮膚切開します。切開部にチューブを設置し、内視鏡や専用の手術器具を挿入します。
極小内視鏡下で行うため、皮膚切開は7-8mmですみます。

経皮的内視鏡下頚椎椎弓切除術(PECL)
術前

経皮的内視鏡下頚椎椎弓切除術(PECL)
術後 頚椎後方の骨が削れて脊髄の圧迫がとれています

経皮的内視鏡下頚椎椎弓切除術(PECL)
術後3D CT 二椎間除圧の症例です。頚椎後方の骨が削れています

経皮的脊椎内視鏡手術の長所
  • 正常な組織にほとんど触れないので手術後の痛みが少なく、神経癒着のような後遺症が発生する可能性が減少します。
  • 通常のopen手術よりも術後のC5麻痺の発生が少ないと考えられています。
  • 手術中の輸血は必要ありません。
  • 手術部位の傷跡が微細、又はほとんど見えません。
  • 入院期間が数日であり、早期退院が可能です。

頚椎症性神経根症の経皮的内視鏡下頚椎開窓術について

経皮的内視鏡下頚椎開窓術(PECF)とは

頚椎症性神経根症に対する世界の最小侵襲手術です。
経皮的頚椎椎弓切除術(PECF)は、7~8.mmの皮膚切開で経皮的ヘルニア内視鏡手術(PED)で使用する極小内視鏡システムを用いて肥厚した黄色靭帯や骨を切除し、神経の除圧を行う手術で、全世界的に数施設のみしか行われておりません。PECFが行えるのは、東京、神奈川、埼玉全域で当院のみです。
当院では、手術適応の頚椎症性神経根症の方すべてにPECFを行っており良好な成績を残しています。

治療方法

手術室で局所麻酔や鎮酔麻酔がかかったあと、手術はうつぶせで行われます。
手術中は寝た状態です。
麻酔をおこない背中側から7~8mm程皮膚切開します。切開部にチューブを設置し、内視鏡や専用の手術器具を挿入します。
極小内視鏡下で行うため、皮膚切開は7-8mmですみます。

経皮的内視鏡下頚椎開窓術(PECF)
術前3D CT
経皮的内視鏡下頚椎開窓術(PECF)
術後3D CT 圧迫部位の骨が削られています
経皮的脊椎内視鏡手術の長所
  • 正常な組織にほとんど触れないので手術後の痛みが少なく、神経癒着のような後遺症が発生する可能性が減少します。
  • 手術中の輸血は必要ありません。
  • 手術部位の傷跡が微細、又はほとんど見えません。
  • 入院期間が数日であり、早期退院ができます。また、日帰り手術も可能です。

脊椎圧迫骨折のための新しい治療法について

バルーン カイフォプラスティ(BKP)Balloon Kyphoplasty

このBKPは正式に保険収載されており、患者様の入院期間は2~3日で、日帰り手術も可能です。
傷も小さく低侵襲で済み、心疾患や脳梗塞等で抗凝固剤を内服されていても内服を中止せずに施行可能で、施術した患者様から大変好評を頂いております。

具体的には、局所麻酔と鎮酔麻酔下にて、まず経皮的に骨折椎体中にバルーンを挿入し椎体内で拡張させることにより、椎体高の回復を図り、バルーンを抜去後、椎体内に形成された空洞に高粘度で視認性の高いセメントを低圧にて充填し、椎体を固定する方法です。また当院では日本で初めてegg-shell法といって二段階でセメントを注入するBKP手法を導入し、他院では敬遠される椎体前壁欠損例、椎体破裂骨折例、圧潰が進行した扁平椎症例であっても安全にBKPを施行しております。他院でBKP施行を断られた方でも当院では施行できる可能性があります。

手術の特徴 手術は短時間(通常、約1時間以内)
傷口は5mm程度(背中側に2箇所)
バルーン カイフォプラスティ
手術の方法
バルーン カイフォプラスティ 骨折した骨に小さなバルーン(風船)のついた手術器具を入れます。
バルーン カイフォプラスティ 風船を徐々に膨らませつぶれた骨を持ち上げて、できるだけ骨折前の形に戻します。
バルーン カイフォプラスティ 風船を抜くと空間ができます。その空間に骨セメントを充填します。
バルーン カイフォプラスティ 手術は1時間程度で終わり、骨セメントは手術中に固まります。

施術対象となる患者様の主たる選択基準は以下の通りです。

  1. 骨粗鬆症による1椎体の脊椎圧迫骨折
  2. 十分な(2~3週間以上の)保存加療によっても疼痛が改善されない患者様

対象外:若年者の外傷などによる破裂骨折や、既に骨折部が強固に癒合している圧迫骨折後の変形椎体等
→そのような症例ではインストゥルメンテーションを使用する脊椎固定術を行います。

また、頸髄症に対する椎弓形成術、後側方固定術やリウマチ性脊椎症に対する固定術、重度の脊椎不安定症に対する腰椎椎体間固定術、側彎症に対する矯正固定術など通常の脊椎手術も行なっておりますのでお気軽にご相談ください。

リウマチ性頸椎症に対する固定術
(リウマチ性頸椎症に対する固定術)
腰椎不安定症に対する固定術
(腰椎不安定症に対する固定術)

担当医  橋本 整

【略歴】
平成10年 東京大学医学部卒業
東京大学医学部整形脊椎外科学教室入局
東京大学整形脊椎外科 助教
三井記念病院 医長
関東労災病院 医長  以降現職

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定・脊椎外科指導医
日本整形外科学会脊椎内視鏡手術技術認定医

当院のご案内

  • \"お問い合わせ電話番号
  • 外来診療時間

      受付時間 診療時間
    午前  8:00~12:00  9:00~13:00
    午後 12:30~16:30 14:00~17:30

    土曜日は、午前のみの受付・診療になります。

  • 休診

    日曜祭日と年末年始
    (12月31日~1月3日)

    ※急患はこの限りではありません

  • 所在地

    八潮中央総合病院
    〒340-0814
    埼玉県八潮市南川崎845番地
    TEL:048-996-1131
    FAX:048-997-2135