今日もげんきですか?リハビリテーション科

こんにちは

リハビリテーション科の新井です。先日は北海道で行われた運動器理学療法学会に参加してきました。

IMG_9687 口述での発表は緊張しますが、なんとか終えることができました。

IMG_9702

学会当日はお祭り?も行われており、昼休憩などを利用してジンギスカンを堪能させていただきました!

IMG_9681

夜は北海道の先生方との懇親会でした。海鮮を堪能し、

IMG_9697

1時まで飲んでしまいましたが(汗)、ススキノの夜は賑やかでした。

IMG_9689

学会での楽しみは全国のセラピストと議論し、時間を共有することです。

おかげさまで僕も全国に理学療法士の友人がいます。

時折、普段の臨床での業務中に全国の友人のことに思い出します。(仕事に集中していない証拠ですね。すみません。笑)

 

「今、この瞬間にも全国で患者さんのために頑張っている人がいる!」

 

このように思うようにすることで、自分の仕事でのモチベーションを奮い立たせるようにしています。

 

今この瞬間、目の前の人に自分は何ができるのだろう?

目の前の方の健康に寄与したい!

 

そのような想いで当院では介護予防に加えて勤労者の健康増進、生産性の向上、子供達の障害予防などを行うヘルスプロモーションチームを立ち上げ、活動を企画・運営しています。

 

先日はヘルスプロモーションチーム大朏と香坂による大原中学校にてストレッチ講座を行いました。

IMG_4423

ストレッチの重要性は?

ストレッチのリスクは?

どのようにやると効果的なの?

 

このような疑問に対してわかりやすく解説をするとともに、

我々が開発中のストレッチと体操を組み合わせた体操であるY‘s体操〔(ワイズ体操)八潮中央総合病院の体操〕をお試しいただきました。

IMG_4433

皆さん一生懸命に取り組んでいただき、笑顔がとっても素敵でした!

 

出前講座も随時募集行っています。

今後は小学生、中学生を対象とした障害予防

企業の職員を対象とした腰痛予防、

環境整備等にお力添えできればと考えています。

IMG_9678

ぜひ今後ともヘルスプロモーションチームを宜しくお願い致します。

(ご相談は地域連携室まで)

広報委員会

新井

 

第3回「医療と福祉をつなぐfree talkカフェ」

1019日(木)午後4時から当院会議室において、第3回「医療と福祉をつなぐfree talkカフェ」を開催しました。

この事業は、厚生労働省が進める地域包括ケアシステムの構築をふまえて、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、八潮市内の4か所の地域包括支援センター、居宅介護支援事業所のケアマネジャー、ヘルパーなどが集まり、当院の医療相談員や看護師・リハビリスタッフなどとともに、相互に理解を深め連携を図ることを目的に開催されたものです。

この日は、工藤看護部長のあいさつに続いて、医療連携相談室の佐藤相談員による回復期リハビリテーション病棟について現状と課題を発表した後、7つのグループに分かれて「こんなときどうするの・どうしたの」というテーマで意見交換・情報交換を行い、その結果をグループごとに報告し理解を深めました。

市内の包括支援センターや各施設からの参加者は29名で、当院のスタッフを含めて50名の参加者がそれぞれ最後まで熱心に話し合い、交流を深めました。

今回のカフェは4月・7月に続いて今年度3回目でしたが、今後も「医療と福祉をつなぐfree talkカフェ」の継続的な開催などで市内の各事業所と連携を図りながら、当院の理念である「地域から信頼される病院」を目指してまいりたいと思います。

IMG_4451

IMG_4453

IMG_4455

IMG_4458

IMG_4461

IMG_4470

IMG_4479

IMG_4485

IMG_4490

IMG_4496

IMG_4507

IMG_4520

大原中学校で肩こり対策講座

1018日(水)午前10時から大原中学校会議室において、同校PTA文化厚生委員会からの依頼による「肩こり対策講座」が行われました。

講師は、当院リハビリテーション科の大朏、香坂のいずれも理学療法士の2名がつとめさせていただき、PTAの家庭教育学級として開催されました。

内容は、「肩こりとは」「姿勢について」「運動・ストレッチについて」「Y‘S体操のご紹介」でした。

まず、厚生労働省の調査結果として、女性の健康不安の1位は「肩こり」、男性の1位は「腰痛」であり、肩こりの原因は、悪い姿勢、運動不足、柔軟性低下、ストレス、睡眠不足など数多くあることが紹介されました。

そして、日常の姿勢の点検、肩まわりの可動性テスト、肩甲骨周囲のストレッチ、肩の血行改善エクササイズを行いました。

最後に、当院リハビリテーション科のヘルスプロモーションチームが独自に開発した「Y‘S体操」が紹介され、DVDを見ながら実演を行いました。

この日は、大原中学校の藤谷校長先生も参加され、和やかな雰囲気の中最後まで熱心に体験していただきました。IMG_4412

IMG_4414

IMG_4418

IMG_4423

IMG_4424

IMG_4430

IMG_4433

IMG_4437

IMG_4444

IMG_4446

やしお市民大学でストレッチ講座

10月15日(土)午後130分から市立体育館「エイトアリーナ」において、やしお市民大学の授業としての「健康ストレッチ講座」が行われました。

当日は、当院リハビリテーション科の中島主任、丹羽、瀧田のいずれも理学療法士の3名が講師となって開催されたもので、市民大学での講座は今回で5年目となります。

今回のテーマは「筋肉について考えてみよう」~一人でできるストレッチと筋トレ~でした。

当日は、あいさつ、準備運動に続き、イスの立ち座りと片足立ちの「身体測定」を行い現在の身体の状態を調べました。

その後、「猫背改善」のためのストレッチ、「歩行の安全と腰痛予防」のための筋力トレーニングを行い、最後に「とっさの一歩は、素早い動き」として敏捷性を養う運動を行いました。

参加された学生さんやスタッフの方など46名の皆さんたちは、和やかな雰囲気の中、最後まで熱心に体験していただきました。

IMG_4330

IMG_4334

IMG_4340

IMG_4346

IMG_4347

IMG_4352

IMG_4359

IMG_4370

IMG_4377

IMG_4395

IMG_4402

IMG_4407

職員が院外清掃活動を行いました

10月12日(木)午後120分から50分まで、当院職員による病院周辺の院外清掃活動を行いました。

この清掃活動は定期的に実施しているもので、この日は病院周辺のごみの除去や植え込み・隣接道路などの雑草除去を中心に行いました。

今後も院内外の清掃活動を継続して実施し、いつも清潔な環境のもとで患者さまに安心して受診していただけるよう心がけてまいりたいと思います。

IMG_4312

IMG_4314

IMG_4315

IMG_4321

 

IMG_4327

院内イベント「グリッターバグ実施」

816日より、院内各部署においてグリッターバグを実施して手指衛生の見直し・改善を行っています。

グリッターバグの実施方法

  1. 特殊ローションを手全体に均一に伸ばす。
  2. ローションが塗れているか光を当てて確認。
  3. 普段どおりの手洗いを行う。
  4. 汚れが落とせているか光を当てて確認。
  5. 汚れが落とせていない部分を中心に念入りに洗う。
  6. 汚れが落とせているか光を当てて確認。

これからの季節は、インフルエンザや胃腸炎などの感染症の流行が見込まれます。

手洗い・うがい・マスク等でしっかり予防していきたいと思います。

                                                                         <感染リンクスタッフ部会より>

DSCN0234DSCN0236DSCN0237DSCN0238DSCN0239DSCN0240DSCN0241DSCN0244DSCN0245DSCN0246DSCN0247DSCN0249DSCN0250DSCN0251DSCN0252

市民体育祭に救護班で参加

42回八潮市民体育祭は、109日(月・祝)八潮中学校グラウンドにおいて開催され、主催する八潮市体育協会からの依頼により当院から救護班として看護師2名が参加しました。

この日は晴天に恵まれ、町会自治会対抗競技や自由参加協議に大勢の市民が参加して盛大に開催されました。

IMG_4281【大山・八潮市長も救護班を激励に来てくださって、接骨師会の方々と一緒に記念撮影】

潮止小学校 町たんけん

106日(金)10時から11時まで、潮止小学校2学年の児童の皆さんによる院内見学が行われました。

これは、校区内のいろいろな事業所等を子どもたちが見学して見聞を広める同校2学年の「町たんけん」という事業の一環で行われたもので、この日は当院見学を希望した数多くの児童の中から抽選で決まった児童9人と保護者お二人が見学しました。

一行はまず会議室で、事前に用意した子どもたちの質問について職員がお答えしました。質問は、「働いている人は何人いますか」「救急車は一日何台来ますか」「移転前の病院との違いは何ですか」などで、それぞれ丁寧にお答えしました。その後、救急外来、レントゲン室、病棟の病室、リハビリテーション室等を見学しました。

児童の皆さんは、初めて見る部屋や設備に感動の声を挙げながら、皆さんとても熱心に見学していました。

IMG_4200

IMG_4217

IMG_4235

IMG_4240

IMG_4246

IMG_4247

IMG_4252

IMG_4263

 

IMG_4276

介護職だよりNo.21

こんにちは、4A外科病棟です。

先日、腰痛についての介護職の研修がありました。

介助する上で腰痛に悩まされているスタッフが多くいます。

この研修で基本的なボディメカニクスの使い方や腰痛予防の運動をリハビリスタッフより教わりました。

ボディメカニクスとは、人間の運動機能である骨・関節・筋肉などの力学的相互関係を活用した技術のことです。

介助は体がきつそうだな~と考えられがちですが、ボディメカニクスを活用することで腰に負担をかけず介助することができます。 

今回の研修で教わったことを参考に毎日の介助で活かしていきたいです。

 

                                                                                                    【4A病棟(外科病棟)

目の健康について 潮止中学校の生徒さん来院

医療連携室の松澤(女子のほう)です。

先日、潮止中学校の生徒さんと養護の先生が来院されました。

昨今、視力低下に悩む生徒さんが多いようで(おそらく全国的に)、眼科の井出医師へ目の健康についてインタビューをされました。 

いくつか質問をご紹介します。

「目の健康を守るためには、メガネとコンタクトレンズどちらが良いか?」

→使用方法を守ればどちらでも良いようです。

「睡眠不足だと視力は悪くなりますか?」

→医学的には認められていないが、筋肉が疲れていると見えにくくなると感じるのかもしれない。

このように、鋭い質問が寄せられました。

実は視力がとても悪い私も、一緒に聞かせてもらいました!

この内容は、八潮市内の小学校・中学校・高校の合同で発表をする場があるようです。

素晴らしい取り組みですね~!

当院もお力になれたようで光栄です。

IMG_4146

IMG_4151