「社会を明るくする運動」

 連携室の松澤です。保護司会からのお知らせです。

 法務省主唱の“社会を明るくする運動”は今回で64回を迎え、「更生保護の日」である7月1日からの1か月を強調月間として,全国各地でさまざまな催しが実施されます。

 “社会を明るくする運動”はすべての国民が、犯罪や非行の防止と、あやまちを犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築こうとする全国的な運動です。
八潮市内では、保護司会と更生保護女性会のメンバーを中心に、次のように開催されます。

  【八潮駅前広場キャンペーン】

 日 時:7月5日()午後3時30分~5時 ―小雨決行―

 会 場:八潮駅北口広場(駅前交番西側)

 内 容:あいさつ、八幡中学校吹奏楽部による演奏、啓発品

     の配布

 主 催:草加八潮地区保護司会、さいたま保護観察所、八潮

     地区更生保護女性会

 この機会に、社会を明るくする運動にご理解いただき、どうして犯罪や非行が起きてしまうのか、安全で安心な暮らしをかなえるために今何が求められているのか、そして、自分には何ができるのかを、みなさんで考えてみませんか。