後藤副院長が市職員対象に研修講師

827日(火)午後、八潮メセナ集会室において、八潮市職員の健康管理に関する研修が開催され、当院外科の後藤医師(副院長)が講師として講演しました。

テーマは、「感染症予防のポイントー予防接種と手洗いの重要性ー」で、内容は、感染症の種類と内容、免疫と予防接種、予防するための心がけ、手洗い・手指消毒および実践でした。

実践では、手洗いの練習器であるグリッターバグを利用して、参加者全員が手洗いを確認しました。

この日集まった市役所の各部署代表の42人の市職員は、最後まで熱心に参加していました。

IMG_0407

IMG_0408

IMG_0409

IMG_0410