大原小学校で熱中症対策講座

74日(木)午前10時から、大原小学校多目的室において、当院リハビリテーション科職員による熱中症対策講座を実施しました。これは、大原小学校PTAの家庭教育学級として依頼を受け実施したもので、講師はリハビリテーション科のヘルスプロモーションチームから西嶋と山田の2名の理学療法士がつとめさせていただきました。

内容は、熱中症の原因、熱中症の条件、予防と対策でした。

特に、子どもの熱中症を防ぐポイントとして、①顔色や汗のかき方を十分観察する。②適切な飲水行動を学習させる。③日ごろから暑さに慣れさせる。④服装を選ぶ。ことについて説明を行い、また、熱中症を防ぐための「環境の工夫」「服装の工夫」「行動の工夫」についてお話しました。

質疑については、「水分の工夫について」「塩分チャージの量について」「食事の工夫について」などたくさんのご質問をいただき、それぞれ丁寧にお答えさせていただきました。

当日集まった25人の会員の皆さんは、最後まで熱心にご参加いただきました。

IMG_0131

IMG_0132

IMG_0133

IMG_0134

IMG_0135

IMG_0136

IMG_0137

IMG_0139  【写真左から、西嶋理学療法士、山田理学療法士】