わんぱく相撲大会に看護師を派遣

511日(土)文化スポーツセンター屋外相撲場において、「第28回わんぱく相撲八潮場所」が開催され、当院に救護班として看護師の派遣依頼があり、看護部の大山科長と瀧澤係長が救護班をつとめさせていただきました。

今回の参加者は、市内小学校から選抜された46年生の男女140人の児童で、当日参加者は300人でした。

救護班で処置した児童は11人で、いずれも擦り傷や切り傷、突き指などの症状でした。

IMG_9810

IMG_9812