大原中学校で肩こり対策講座

1018日(水)午前10時から大原中学校会議室において、同校PTA文化厚生委員会からの依頼による「肩こり対策講座」が行われました。

講師は、当院リハビリテーション科の大朏、香坂のいずれも理学療法士の2名がつとめさせていただき、PTAの家庭教育学級として開催されました。

内容は、「肩こりとは」「姿勢について」「運動・ストレッチについて」「Y‘S体操のご紹介」でした。

まず、厚生労働省の調査結果として、女性の健康不安の1位は「肩こり」、男性の1位は「腰痛」であり、肩こりの原因は、悪い姿勢、運動不足、柔軟性低下、ストレス、睡眠不足など数多くあることが紹介されました。

そして、日常の姿勢の点検、肩まわりの可動性テスト、肩甲骨周囲のストレッチ、肩の血行改善エクササイズを行いました。

最後に、当院リハビリテーション科のヘルスプロモーションチームが独自に開発した「Y‘S体操」が紹介され、DVDを見ながら実演を行いました。

この日は、大原中学校の藤谷校長先生も参加され、和やかな雰囲気の中最後まで熱心に体験していただきました。IMG_4412

IMG_4414

IMG_4418

IMG_4423

IMG_4424

IMG_4430

IMG_4433

IMG_4437

IMG_4444

IMG_4446