やしお毎日1万歩運動

医療連携相談室の松澤利行です。

私は「やしお毎日1万歩運動」に参加しています。

この運動は、「健康長寿埼玉モデル事業」として平成27年度に開始した事業です。「タニタ食堂」でおなじみの「タニタ」の健康プログラムを活用しています。
 参加者は、活動量計を持って、毎日1万歩を目指して歩きます。活動量計のデータは、市内3か所にある「キーステーション」から送信することで、WEBからデータの変化が確認できます。
 平成27年度の参加者は126人、平成28年度は、新規参加者105人と平成27年度からの継続参加者83人の合計188人が参加しています。 

今年度は6月からスタートしますが、私も先日申込みしました。

 なるべく意識して歩いているつもりですが、1万歩まで行かない日も多くあります。

 キーステーションは、市役所、保健センター、文化スポーツセンターの3か所で、それぞれ体組成計が設置してあり、自分の身体の状態をチェックすることができます。

<最近測定したデータ>
IMG_2629

 体組成計は、体脂肪率、筋肉量、水分量などを測ってくれますが、最後に書いてある体型判定では、残念ながらいつも「運動不足型」です。

体内年齢はみんな若めに出るようです。(笑)

これからも無理せず、できる範囲で歩き続けるとともに、食事や睡眠などにも気をつけていきたいと思います。