グループの学会がありました☆

先日、平成28年2月7日(日)

10:00~17:00に大宮ソニックシティーにてAMG学会が開催されました。

学会のテーマは『 結束 』 ~100 年の歴史を刻もう~

でした。

わたくしも研究を発表してきました。

スクリーンショット 2016-02-08 21.27.38

80人くらい?の中で話すのは勇気がいりますね。

 

当院からは他に検査科の吉成さん、薬科の神谷さん、リハ科の青柳さん他が発表されていました。

素晴らしい発表内容でリハ科の青柳主任は!何と!!

 

優秀賞を獲得しました!「退院時追跡調査における結果報告」

内容は、退院時調査をまとめたものです。

当院を退院した患者様がその後、

「どんな介護サービスを使っているのか?」「患者様が困っていないか?困っているとすれば何で困っているのか?」「提供したサービスの変更があったか?」「家屋調査し手すりなどを設置した際に不便などなかったか?」「退院後の患者様の活動量に変化があったのか?」などを調査しています。

スクリーンショット 2016-02-08 21.26.45

患者様が退院後1ヵ月、6ヶ月に担当のリハスタッフが、患者様の家に訪問して自分たちの指導は正しかったのか?間違ったサービスを提供していないか?調査を通して自分達のサービスの検証をするための調査です。退院時指導には他職種との「結束」が必要という意味においては学会の趣旨にもピッタリでしたね。

まだまだ当院リハ科も発展途上!

患者様を笑顔に♪

より良いサービスを提供できるように努力していきます☆

スクリーンショット 2016-02-08 21.19.15 ちなみにこれが受賞の様子ですが、なんと表彰式が予定時間よりも早く始まったため、青柳さんはおらず、会場がざわめくというハプニング!(表彰式に表彰者がいないなんて前代未聞!!)

スクリーンショット 2016-02-08 21.20.40

閉会式終了後に舞台裏で賞状を頂きました。(僕らは爆笑でした)

スクリーンショット 2016-02-08 21.18.15

また今回の学会では特別講演が行われ、 講演テーマは、

~バラエティ現場から学ぶ!1人1人がかがやく最強チームビルディング~

「コミュニケーションフロー」

講 師:W マコト(中山 真・中原 誠)放送作家(元吉本芸人)

元吉本興業の芸人として活動、現在はテレビやラジオの企画・構成を手がける放送作家を務める。また、日本初の漫才式セミナー講師として『笑いを』 活用したコミュニケーション術の第一人者。パラソニック、三菱などの企業やUSJ、東京大学、京都大学など全国で公演している。

と素晴らしい内容でした。

スクリーンショット 2016-02-08 21.18.54 コミュニケーションの天才、僕の師匠でもある(笑)「さんまさん」を題材に公演は進められました。ここには書ききれない内容でしたが、

コミュニケーションに不可欠な5つの要素

①笑顔 一つで周りを幸せにする

②相槌 傾聴、内容を確認する

③共感 他者理解「それあるある〜」人は共に感じあえたときに共感する

④ジェスチャー 身振り手振り、声のトーンを意識する。視覚、聴覚を刺戟する

⑤承認  他者を認めること 一人一人の良い部分を認める、褒める。

を笑いを交えて講演されました。

講演の一部ですが、「笑顔はコミュニケーションの第0歩!」というお話がありました。

笑顔は人間関係、コミュニケーションに不可欠ですよね。

生後7カ月のあかちゃんに「笑顔の写真」と「しかめ顔の写真」を見せると笑顔の写真の時のみに脳内で言語野の活動が高まったそうです。また幸せな脳内物質もいっぱいだったと…

今回の講演は普段の人間関係のみならず、医療界の我々にも不可欠な要素であり内容でありました。医療界もサービス業です。

スクリーンショット 2016-02-08 21.19.06

毎日の患者さんとの接客に活かしたいと思います☆

最後までお読みいただきありがとうございました。

広報委員会 リハビリテーション科 新井龍一