ソーシャルワーカーの事例検討

医療連携相談室の松澤(よ)です。

322日(金)医療連携相談室と入退院支援室の合同で事例検討会を開催しました。

今回は経験1年目のソーシャルワーカーから、義足の患者さまの在宅支援などについての事例が挙がり、先輩ソーシャルワーカーや看護師、リハビリの視点でディスカッションを行いました。

  1. 他部署の専門職員と情報交換し、よりよい支援法を検討すること。
  2. 患者さまが退院後の生活をイメージできるような支援を行うこと。
  3. めげずにがんばること!等の対応策が提案されました。

当部署は、社会福祉士、看護師、作業療法士、事務の様々な職種が在籍しています。困ったことなど日々話せる環境なのが自慢です!

IMG_8940

IMG_8942

第8回「医療と福祉をつなぐFree Talk Café」

319日(火)午後4時から当院会議室において、第8回「医療と福祉をつなぐFree Talk Café」を開催しました。

この事業は、厚生労働省が進める地域包括ケアシステムの構築をふまえて、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、八潮市内の4か所の地域包括支援センター、居宅介護支援事業所のケアマネジャー、ヘルパーなどが集まり、当院の医療相談員や看護師・リハビリスタッフなどとともに、相互に理解を深め連携を図ることを目的に開催されているものです。

この日は当院認知症ケアチームから、神経内科の竹之下拓医師と認知症看護認定看護師の佐久間愛看護師が「認知症について」をテーマに講演を行いました。

その後、6つのグループに分かれて、意見交換や日頃の業務で悩んでいることなど情報交換を行いました。

市内の地域包括支援センターや各施設・団体からの参加者は22名で、当院のスタッフを含めて41名の参加者がそれぞれ最後まで熱心に話し合い、交流を深めました。

IMG_8923

IMG_8926

IMG_8929

IMG_8930

IMG_8931

IMG_8934

IMG_8935

IMG_8938

IMG_8939

ロータリークラブで当院の活動を発表しました!

医療連携相談室の松澤利行です。

316日(土)午後、八潮市新町の「四季亭」ホールにおいて開催されたロータリークラブの催しにおいて、当院の出前講座の事例を発表させていただきました。

この催しは、国際ロータリー第2770地区第9グループの「インターシティ・ミーティング」という事業で、年に1度、八潮市内のロータリー3クラブと草加市内のロータリー3クラブが合同で開催する都市連合会(自由討論会)です。

当日は、大山忍・八潮市長と浅井昌志・草加市長の来賓をはじめ大勢のロータリアンが出席する中8つの事例が発表されました。

当院の事例発表は、この催しの実行委員長である八潮ロータリークラブの瀬田秀樹・前会長と高橋倫代・副実行委員長からのご依頼をいただき、発表させていただいたものです。お二人とは以前から親しくお付き合いさせていただいており、地域活動に大変熱心な方々です。

私の発表は6番目で、ほかには、草加警察署、八潮市消防署、八潮市健康福祉部、八潮市子育て福祉部、八潮市社会福祉協議会、草加市福祉まつり実行委員会、草加市社会福祉協議会からそれぞれ発表がありました。

発表の冒頭、ずっと座ったままで聞いている参加者の皆さんのために、全員でできるいくつかの運動をさせていただき、その後、今まで取り組んできた出前講座の事例を発表しました。

短い時間での発表でしたが、参加された何人ものロータリアンの皆様から感謝のお言葉をいただきました。発表冒頭の運動は、「眠気が覚めてよかった」と好評でした。(笑)

私自身もよい勉強の機会となり、とても有意義な一日を過ごすことができました。

こうした機会をいただいて、当院の事業を周知することができ感謝しております。

1552875756070

1552875763536

1552875775472

1552875781443【写真提供は八潮ロータリークラブ・高橋倫代さん】

職員が院外清掃活動を行いました

314日(木)午後120分から、当院職員による病院周辺の院外清掃活動を行いました。

この清掃活動は定期的に実施しているもので、この日は病院周辺のごみの除去や植え込み・隣接道路などの雑草除去を中心に行いました。

今後も院内外の清掃活動を継続して実施し、いつも清潔な環境のもとで患者さまに安心して受診していただけるよう心がけてまいりたいと思います。

IMG_8910

IMG_8911

IMG_8912

IMG_8918

IMG_8919

IMG_8921

大曽根東町会で出前講座!

33日(日)午前10時から小倉あさひ幼稚園の講堂において、大曽根町会と大曽根東長寿会からの依頼による出前講座を実施しました。

この日のテーマは「いつまでも健康で幸せな生活を送るために」で、講師は、当院リハビリテーション科の原田・太田の2名の理学療法士がつとめさせていただきました。

内容は、「幸せとは」「健康寿命」「運動の種類と注意点」について説明させていただいた後、実技を行いました。

実技は、首から肩、太もも、おしり、アキレス腱のストレッチを行った後、筋力トレーニングとして、座って足上げ、スクワット、かかと上げと行い、その後、敏捷性の運動、認知課題を行いました。

質疑の時間では、「運動するのに適した時間帯」「足がつる原因とつった場合の処置」などいろいろとご質問をいただき、それぞれ丁寧にお答えさせていただきました。

この日は20人の参加があり、和やかな雰囲気の中最後まで熱心に受講していただき、好評のうちに終了しました。

IMG_8880

IMG_8881

IMG_8883

IMG_8886

IMG_8888

IMG_8893

IMG_8895

IMG_8904