まちかど文化祭「おしごとたんけん」

113日(金・祝)午前11時から、八潮駅前のフレスポ八潮イベント広場において、第7回まちかど文化祭が開催され、小学生が仕事を体験する「おしごとたんけん」コーナーに当院のブースを開設し、血圧測定とヘモグロビン測定を行いました。

「おしごとたんけん」は今年初めての企画でしたが、主催者が事前に体験児童を募り、120分単位で2人ずつ、3時間で18人の児童に体験していただきました。

当院から看護師の若松科長及び大山係長、介護部門から藤波介護福祉士、医療連携相談室の松澤係長が参加し、小学生の体験のお手伝いをしながら、ブースを訪ねる数多くの皆さんの血圧やヘモグロビンの測定を行いました。

体験児童の保護者の方からは、「とてもよい企画で、こんな体験の機会を待っていました」との喜びの声がありました。

当院のブースには、地元選出の衆議院議員・三ッ林代議士も激励に訪れ、ヘモグロビンを測定されました。

血圧測定を体験する八幡小学校1年の塔山くん

血圧測定を体験する八幡小学校1年の塔山くん

IMG_4649

ヘモグロビンを測定する三ッ林代議士

ヘモグロビンを測定する三ッ林代議士

 

 

草加ふささら祭り

113日、晴天でぽかぽか陽気の中、草加ふささら祭りに行ってきました。

「ふささら」という言葉は聞き慣れませんよね。

「ふささら」とは、一面に実った稲穂が風に吹かれて“さらさら”と触れ合う情景を表現した草加音頭の一節だそうです。

市民一人ひとりが豊かな心を実らせる稲穂となって、市民・産業・地域・文化・教育・行政が連携し、新たな活力を生み出すことをスローガンにしているお祭りです。

広範囲にわたり様々なイベントが行われていましたが、私は綾瀬川左岸広場に行きました。

ステージでは「よさこい」を踊っていて、各テントでは飲食販売をはじめ、市内企業のPRやバッグ・革製品の販売、畳屋さんの小物作り体験、クレーン乗車体験などたくさんのイベントがありました。

「よさこい」は、見ていると元気をたくさんもらえます。

次回開催は来年ですが、みなさんぜひ足を運んでみてください。

                                                                                          【医療秘書課・中嶋】

image7

image6

image5

image4

image3