中学生の一日看護師体験

47日(土)午前10時から午後3時まで、中学生の一日看護師体験を行いました。この事業は「看護の日」企画として、中学生が担当看護師とともに一日の看護師業務を体験し、その重要性を知っていただくために実施したものです。

体験した生徒さんは、八潮市立八條中学校3学年の豊田さん、渡辺さん、渡辺さん、2学年の塩田さん、石政さんの5人でした。

5人の生徒さんは、とても熱心に体験していただきました。

IMG_6039

IMG_6086

IMG_6120

IMG_6085

IMG_6074

IMG_6104

IMG_6122

IMG_6101

新入職員が救急救命講習

研修2日目の3日午前、新入職員が救急救命講習を受講しました。

当日は看護部の若松科長のあいさつに続き、救急外来の渡邉看護師による講義があり、その後、草加・八潮消防局八潮消防署の救急担当の皆さんにおいでいただき、AED(自動体外式除細動器)の取扱説明と実技を学びました。

今年度新入職員52名は、最後まで熱心に受講いたしました。

IMG_5994

IMG_5999

IMG_6001

IMG_6003

IMG_6004

IMG_6006

IMG_6007

IMG_6011

IMG_6019

IMG_6022

IMG_6029

平成30年度スタート!

平成30年度がスタートしました。

 当院では、きょう2日午前830分から全体朝礼が行われ、新入職員、異動職員、昇格職員、認定試験合格職員にそれぞれ真田院長から辞令が交付されました。その後、真田院長、大山事務長、工藤看護部長の三役と新入職員の記念撮影を行いました。

 平成30年度もこのブログでタイムリーに情報を提供してまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。IMG_5949

IMG_5954

IMG_5956

IMG_5966

当院と草加八潮消防局による救急検討会を開催しました!

316日(金)午後3時から、「八潮中央総合病院及び草加八潮消防局救急検討会」を当院会議室において開催しました。

当院と草加八潮消防局では、地域の救急医療の充実を図るため症例検討や意見交換を定期的に行っており、今回は新病院に移転して2回目の検討会となりました。

症例検討としては、「意識の変容を呈する傷病者について」「多量飲酒による意識障害」「地域医療の現状と課題」の3題が八潮消防署救急隊から報告され、その内容について質疑応答、意見交換を行いました。

次に、当院及び消防職員による意見交換がありました。

最後に、当院・診療部長の後藤医師から検討会の講評とあいさつがあり、閉会となりました。

こうした検討会を通じて、地域の救急医療のさらなる充実を図ってまいりたいと思います。

IMG_5613

IMG_5614

IMG_5615

IMG_5619

IMG_5623

IMG_5624

IMG_5628

IMG_5629

IMG_5630

職員が院外清掃活動を行いました

315日(木)午後120分から、当院職員による病院周辺の院外清掃活動を行いました。

この清掃活動は定期的に実施しているもので、この日は病院周辺のごみの除去や植え込み・隣接道路などの雑草除去を中心に行いました。

今後も院内外の清掃活動を継続して実施し、いつも清潔な環境のもとで患者さまに安心して受診していただけるよう心がけてまいりたいと思います。IMG_5593

IMG_5595

IMG_5596

IMG_5597

IMG_5599

IMG_5602

IMG_5603

IMG_5608

大曽根東長寿会で出前講座を開催!

311日(日)午前10時から小倉あさひ幼稚園講堂において、大曽根東長寿会からの依頼による出前講座を開催しました。

今回は、「転倒予防」~やりたいことをいつまでもできる体づくり~をテーマとしたストレッチと筋トレを実施しました。

講師は、当院リハビリテーション科・介護予防班の理学療法士、高橋と鈴木の2名がつとめさせていただきました。

まず、高齢者の事故の特徴、転倒の原因について説明しました。転倒の原因は「内的要因」と「外的要因」に分けられます。

内的要因は、①視力などの感覚低下、②筋重量、筋力低下、③バランス能力低下、④姿勢の変化などです。外的要因としては、①滑りやすい床表面、②わずかな段差、③つまずきやすい敷物、④電気コードなどです。

その後、転倒予防のストレッチとして、アキレス腱伸ばし、おしり伸ばし、もも裏伸ばしの実技を行いました。

続いて、筋力トレーニングとして、スクワット、おしり上げ、かかと上げ運動、敏捷性の運動を行いました。

最後に、日ごろ健康上不安に思っていることについての質疑応答を行いました。

この日は21人の参加があり、和やかな雰囲気の中最後まで熱心に体験していただきました。IMG_5552

IMG_5554

IMG_5556

IMG_5557

IMG_5560

IMG_5567

IMG_5570

IMG_5576

IMG_5589

IMG_5591

第4回「医療と福祉をつなぐfree talkカフェ」

222日(木)午後4時から当院会議室において、第4回「医療と福祉をつなぐfree talkカフェ」を開催しました。

この事業は、厚生労働省が進める地域包括ケアシステムの構築をふまえて、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、八潮市内の4か所の地域包括支援センター、居宅介護支援事業所のケアマネジャー、ヘルパーなどが集まり、当院の医療相談員や看護師・リハビリスタッフなどとともに、相互に理解を深め連携を図ることを目的に開催されているものです。

この日は、緩和ケア医師の藤城儀幸副院長及び緩和ケア認定看護師の高橋千春看護師による「ターミナルケアについて」を発表した後、9つのグループに分かれて意見交換・情報交換を行いました。

市内の地域包括支援センターや各施設・団体からの参加者は43名で、当院のスタッフを含めて61名の参加者がそれぞれ最後まで熱心に話し合い、交流を深めました。

今回のカフェは4月・7月・10月に続いて今年度4回目でしたが、今後も「医療と福祉をつなぐfree talkカフェ」の継続的な開催で市内の各事業所と連携を図りながら、当院の理念である「地域から信頼される病院」を目指してまいりたいと思います。

IMG_5466

IMG_5469

IMG_5470

IMG_5472

IMG_5473

IMG_5486

IMG_5531

IMG_5536

IMG_5539

IMG_5542

大原美原会で出前講座を開催!

215日(木)午前10時から大原公民館において、大原美原会(大原地区の老人会)からの依頼による出前講座を開催しました。

今回は「脳と身体を鍛えて、元気に過ごす」~認知症発症を遅らせる~をテーマとしたストレッチ、筋トレ、二重課題を実施しました。

講師は、当院リハビリテーション科・介護予防班の理学療法士、瀧田と柴田の2名がつとめさせていただきました。

まず、物忘れと認知症の違い、認知症発見のポイントを説明しました。ポイントは、①もの忘れがひどい、②判断・理解力が衰える、③場所・時間が分からない、④人柄が変わる、⑤不安感が強い、⑥意欲がなくなる、の6つです。

その後、認知症予防の食生活と運動について説明した後、実技に入りました。

実技は、ストレッチ(ふくらはぎ、腰、おしり)、筋力トレーニング(つま先上げ運動、かかと上げ運動、スクワット)、二重課題(足踏みしながら「幸せなら手をたたこう」を歌う)と行いました。

最後に、日ごろ健康上不安に思っていることについての質疑応答を行いました。

この日は35人の参加があり、和やかな雰囲気の中最後まで熱心に体験していただきました。

IMG_5417

IMG_5419

IMG_5423

IMG_5424

IMG_5427

IMG_5431

IMG_5436

IMG_5443

 

IMG_5458

IMG_5459

八潮市駅伝大会

121日(日)第53回八潮市内一周駅伝大会が開催されました。

一般の部 66チーム、高校の部 6チーム、中学の部 22チーム、女子の部 19チームの計113チーム、ゲストランナーとして川内優輝選手が参加でした。

午前9時にサがミ八潮店付近をスタートし、ゴールは八潮市役所でした。

私はスタートで選手を見送った後ゴールで待っていたのですが、1時間程で続々と選手が戻ってきました。中でも1位で戻ってきた川内選手のスピードの速さが印象的でした。

私自身、駅伝を見に行くのは初めてだったので、会場の雰囲気を味わうことができとても貴重な1日となりました。

                           【広報委員 医療連携相談室 上野】
IMG_5362

介護職だより No.26

3B病棟では、入院している患者様が少しでも季節感を感じられるように、季節に合わせてイベントを企画して行っています。

昨年末の話ですが、クリスマス会を実施しました。

職員が、サンタクロースの格好をして、BGMを流しながら患者様1人1人のベッドサイドを回り、クリスマスカードのプレゼントを致しました。

患者様の反応は、まずまずでしたが、少しでも患者様にクリスマス感を味わえていただけたかなと思います。

職員も、一緒になって楽しませていただきました。

3B 26 1

3B 26 2

翌日になって、多くの患者様から「昨日、サンタクロースが来たんだよ」とお話しをしてくださる患者様がいました。中には「サンタクロースと写真撮りたかった」という患者様もいました。

この声を聞いて、その時はそんな反応はなかった患者様も内心うれしかったんだなと実感しました。

企画して実施した甲斐があったなとおもい、今後も継続してイベントを企画できればと思っております。

次は、節分を企画中です。

 

B病棟【障害者一般 病棟】