やしお市民大学でストレッチ講座

1013日(土)午後130分から市立体育館「エイトアリーナ」において、やしお市民大学の授業としての「健康ストレッチ講座」が行われました。

当日は、当院リハビリテーション科の鈴木、松村、梅津のいずれも介護予防班のセラピスト3名が講師となって開催されたもので、市民大学での講座は今回で6年目となります。

今回のテーマは「身体を大事にしよう」~適切な運動方法を知る~でした。

当日は、あいさつ、準備運動に続き、イスの立ち座りと片足立ちの「身体測定」を行い現在の身体の状態を調べました。

その後、筋力トレーニング、敏捷性トレーニング、ストレッチの順で実技を行いました。

参加された学生さんやスタッフの方など40名の皆さんたちは、和やかな雰囲気の中、最後まで熱心に体験していただきました。

IMG_7441

IMG_7446

IMG_7450

IMG_7452

IMG_7453

IMG_7455

IMG_7458

IMG_7462

IMG_7472

IMG_7482

IMG_7485

IMG_7489

IMG_7492

職員が院外清掃活動を行いました

1011日(木)午後120分から、当院職員による病院周辺の院外清掃活動を行いました。

この清掃活動は定期的に実施しているもので、この日は病院周辺のごみの除去や植え込み・隣接道路などの雑草除去を中心に行いました。

今後も院内外の清掃活動を継続して実施し、いつも清潔な環境のもとで患者さまに安心して受診していただけるよう心がけてまいりたいと思います。IMG_7424

IMG_7425

IMG_7426

IMG_7430

IMG_7431

IMG_7433

IMG_7434

IMG_7435

IMG_7436

IMG_7439

市民体育祭に救護班で参加しました!

43回八潮市民体育祭は、108日(月・祝)の体育の日に八潮中学校で開催されました。

この事業には、主催者である八潮市体育協会会長から当院宛に救護担当として看護師派遣の協力依頼を受けており、、看護部から2名の看護師を派遣いたしました。

当日は大きなケガはありませんでしたが、転倒による擦り傷等の手当てを実施いたしました。

なお、今後は次のスポーツ行事に看護師派遣の協力依頼を受けております。

1027日(土)わんぱく相撲大会(文化スポーツセンター相撲場)

平成31120日(日)市内一周駅伝大会(市内一周、ゴール:市役所前庭)

IMG_7406

IMG_7411

IMG_7419

潮止小児童が当院を見学

105日(金)午前945分から、潮止小学校2学年の児童の皆さんによる院内見学が行われました。

これは、校区内のいろいろな事業所等を子どもたちが見学して見聞を広める同校2学年の「町たんけん」という事業の一環で行われたもので、この日は当院見学を希望した児童13人と保護者お二人が見学しました。

 一行はまず会議室で、事前に用意した子どもたちの質問について職員がお答えしました。質問は、「何人くらいの方が入院されていますか」「救急車は何台くらい来ますか」「薬は何種類くらいありますか」などで、それぞれ丁寧にお答えしました。

 その後、薬剤部、救急外来、病棟の病室、リハビリテーション室等を見学しました。

 児童の皆さんは、初めて見る部屋や設備に感動の声を挙げながら、皆さんとても熱心に見学していました。

IMG_7363

IMG_7367

IMG_7379

IMG_7395

IMG_7403

竹之下医師の出前講座

928日(金)午前1030分から、八潮市立八幡公民館において、当院神経内科の竹之下拓(たけのした・ひらく)医師による出前講座を実施しました。これは「やしお市民大学OB会」からの依頼によるもので、会場には会員や近隣地区の皆さんなど50人の方が集まりました。

テーマは「膠原病・リウマチ・自己免疫って何?」~まずは基礎の基礎から~で、内容は、膠原病やリウマチ、自己免疫の言葉の意味や発症する仕組みなどの基礎知識、予防のための心構えなどについてお話しました。

竹之下医師は、初めての方にも分かりやすいようにイラストを豊富に使ったスライドで語りかけるようにお話しました。

講義の後にはご質問が相次ぎ、参加された皆さんは最後まで熱心に受講していただきました。

IMG_7324

IMG_7325

IMG_7326

IMG_7327

IMG_7328

IMG_7329

IMG_7331 

<竹之下医師のプロフィール>

神経内科 竹之下 拓医師

専門分野 神経内科、リウマチ膠原病内科

専門資格 日本内科学会認定 内科医

     日本神経学会認定 神経内科専門医・指導医

     日本脳卒中学会認定 脳卒中専門医

     日本病院総合診療医学会認定医

     日本リウマチ財団リウマチ登録医

     日本臨床免疫学会・免疫療法認定医

防災訓練を実施しました!

927日(木)午後、平成30年度の防災訓練を実施しました。この訓練は毎年定期的に実施しており、火災発生時の初期消火、患者さまの避難・誘導等の行動が速やかにできるよう訓練するとともに、職員の防災意識の高揚を図るために実施したものです。

午後110分に、1階栄養科において「訓練の火災発生」を確認し初期消火を実施。各病棟では、仮想患者の搬送にあたり、搬送方法・搬送ルート・搬送順番を考慮しながら救急外来前まで搬送し、避難を完了しました。

 その後、大山事務長及び工藤看護部長の講評があり、予定していたすべての訓練を終了しました。

訓練の実施にあたり、患者さまのご理解ご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。

災害はいつ起こるか分かりません。今後も災害に強い安心安全な病院運営につとめてまいりたいと思います。

IMG_7319

IMG_7320

IMG_7322

IMG_7323

第6回「医療と福祉をつなぐFree Talk Café」

920日(木)午後4時から当院会議室において、第6回「医療と福祉をつなぐFree Talk Café」を開催しました。

この事業は、厚生労働省が進める地域包括ケアシステムの構築をふまえて、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、八潮市内の4か所の地域包括支援センター、居宅介護支援事業所のケアマネジャー、ヘルパーなどが集まり、当院の医療相談員や看護師・リハビリスタッフなどとともに、相互に理解を深め連携を図ることを目的に開催されているものです。

この日は、工藤看護部長より最近の医療の情勢や当院の取り組みなどについてご紹介したのち、医療連携相談室の山崎実奈・社会福祉士による「障害者総合支援法、難病施策について理解を深めよう」というテーマで講演をしました。その後、6つのグループに分かれて、講義内容にそった意見交換や日頃の業務で悩んでいることなど情報交換を行いました。

市内の地域包括支援センターや各施設・団体からの参加者は34名で、当院のスタッフを含めて50名の参加者がそれぞれ最後まで熱心に話し合い、交流を深めました。

 毎回、参加者から医療と福祉の連携についてアンケートをいただいております。第1回から比べると、『連携が取れている』と評価をいただいていますが、まだまだ3割の方は連携が『不十分』と回答をいただいております。日々の業務の中で、十分な連携が図れるように気を引き締めていかなければと思います。

IMG_7284

IMG_7286

IMG_7304

IMG_7313

IMG_7316

第2回のアンケートは、内容が違うため不掲載

今回のCafé6回目でしたが、今後も「医療と福祉をつなぐFree Talk Café」の継続的な開催で市内の各事業所と連携を図りながら、当院の理念である「地域から信頼される病院」を目指してまいりたいと思います。

  <退院調整看護師 瀧澤 美紀 ・ 八潮中央訪問看護ステーション 村田 博俊>

職員が院外清掃活動を行いました

913日(木)午後120分から、当院職員による病院周辺の院外清掃活動を行いました。

この清掃活動は定期的に実施しているもので、この日は病院周辺のごみの除去や植え込み・隣接道路などの雑草除去を中心に行いました。

今後も院内外の清掃活動を継続して実施し、いつも清潔な環境のもとで患者さまに安心して受診していただけるよう心がけてまいりたいと思います。IMG_7267

IMG_7269

IMG_7271

IMG_7272

IMG_7274

IMG_7275

IMG_7277

IMG_7278

IMG_7279

IMG_7281

失語症友の会で出前講座を実施!

97日(金)午後1時から身体障害者福祉センターやすらぎにおいて、やしお失語症友の会からの依頼による「健康ストレッチ体験講座」の出前講座を実施しました。

講師は、当院リハビリテーション科・介護予防班の理学療法士、丹羽沙織がつとめさせていただき、アシスタントとして上尾中央医療専門学校からの実習生・栗原麻衣さんが参加しました。

内容はまず、ストレッチの効果と注意点について説明を行いました。効果としては、ケガの予防効果、疲労回復、関節が動きやすくなる、リラックス効果です。注意点としては、反動をつけない、無理しない(痛気持ちいいくらいで止める)、呼吸は止めない、という注意事項を説明した後、頸の後ろの筋肉、首の横の筋肉、胸の筋肉、ももの後ろ側の筋肉、おしりの筋肉、ふともも(前)の筋肉、アキレス腱、身体の横の筋肉のストレッチを行いました。

最後に、日ごろ健康上不安に思っていることについての質問コーナーを設けたところ、「朝、足がつることへの対処法」のご質問をいただき、「無理のないように(手が届かなければタオルなどで)足の指を伸ばしてみる、栄養の偏りがないか考える」などの回答をさせていただきました。

この日は会員・家族・ボランティアの方など9人の参加があり、和やかな雰囲気の中最後まで熱心に体験していただきました。

IMG_7225

IMG_7226

IMG_7230

IMG_7232

IMG_7233

IMG_7235

IMG_7239

IMG_7240

IMG_7242

IMG_7245

IMG_7249

IMG_7254

IMG_7260

東武よみうり新聞に竹之下医師の出前講座が紹介されました!

きょう93日付の東武よみうり新聞で、当院神経内科の竹之下拓(たけのした・ひらく)医師の出前講座が紹介されました。

内容は、大原美原会(八潮市大原地区の老人会)からの依頼を受けて、先月20日に竹之下医師が講師となって行われた講座で、テーマは「膠原病・リウマチ・自己免疫って何? ~まずは基礎の基礎から~」です。

講座当日は、同会会員や近隣地区の高齢者40人が参加し、膠原病・リウマチ・自己免疫の言葉の意味や、発症の仕組みなどの基礎知識、予防のための心構えなどについて、竹之下医師がスライドを使って分かりやすく解説しました。

IMG_7140