院内でアロママッサージ

広報委員会の松澤です。

当院では、職員向けに院内でアロママッサージが受けられます!

今年度から開始され、早速利用している職員も多く、わたしも紹介してもらい行って参りました。

1

2

施術前に好きな香りのアロマオイルを選び、足、肩、首など自分の希望に合わせた部位をマッサージしてもらいます。

1回20分なので、欲張りなわたしは肩10分、首10分にしてもらいました。

マッサージは言うまでもなく、気持ちよかったです。

施術後に、この後仕事ができるか心配になるくらい脱力していましたが、ペパーミントと柑橘系のオイルを手に垂らしてくれました。この香りで頭がシャキっとして、午後も頑張って仕事をします!

3

4

セラピストの片岡さんのサロンは八潮駅近くにあるようです。

(院内の出張マッサージは、週1回です)

https://salon-anuenue.net

熱中症にご注意を!

こんにちは!医療連携相談室の矢作です。昨日気象庁より、関東甲信地方の梅雨明けが発表されました。

 私は土曜日に家族と動物園に行ってきました。日差しがかなり強かったので日焼け対策とこまめな休憩や水分補給を意識して行いましたがそれでもかなりの疲労と軽い頭痛を感じました。

 皆様も日差しが強い日は無理な外出はせず、日頃から塩分・水分補給、エアコンなどの利用を意識して熱中症を予防しましょう。また少しでも体調不良を感じた際は我慢せずに医療機関へ受診をして下さい。

矢作主任ブログ201907

インターンシップを開催します!

看護部では看護学生さん向けインターンシップを3月26日(火)29日(金)に開催いたします。

就職先を選択するには実際に来院して、体験する事が大切だと思います。

自分の雰囲気にあっているか?など皆さんの選択ポイントは様々ですよね。

実際に就職したらどんな感じなのかシュミレーションしてみてください。

2020年卒業の方の就職活動は既に動き始めています。

焦らす訳ではありませんがこの業界の動きは早いです。

就職活動は先手必勝ですよ!!

インターンシップのお申し込みは先着順となっております。

既に申し込みも多数来ていますので、気になる方は早めにお問い合わせください。電話、もしくはホームページから申し込みが可能です。

その他、看護助手さんも現在募集しております。

どうぞよろしくお願い致します!!         

 

              広報委員 看護部 下山田>

感染予防対策院内研修を開催

平成3011月に外部講師の方をお招きし、院内感染予防対策について講義していただきました。

病原体は手を介して伝番されることが多く、対策として大切とされていたのが手指衛生でした。石鹸と流水で手洗いを行うだけでも効果はあるのですが速乾性アルコール製剤を併用することでさらに効果を高められるそうです。

これからの季節、インフルエンザや胃腸炎が流行しますので普段の手洗いに加えてアルコール製剤での手指衛生を行い、感染する可能性を減らしましょう。

病院、病棟の出入り口にも速乾性アルコール製剤を設置してありますので来院した際は活用し、皆様も感染対策に取り組んでみて下さい。手順も掲載しておくので参考にして下さい。

                                                                   <広報委員 医療連携相談室 矢作>

矢作主任ブログ

やしお市民まつりに参加します!

10月に入り、全国各地で秋祭りが開催される季節となってきました。

八潮市では、市内最大のイベントである「やしお市民まつり」が1028日(日)に開催されます。

昨年は、台風の接近により残念ながら中止になってしまいましたが、毎年、模擬店、阿波踊り、キャラクターショー、ミニSLなどが行われ、大勢の人でにぎわいます。

この市民まつりに、当院も毎年参加しています。

今年は、初めての試みとして、子どもまつり広場(メセナ駐車場)で「ふれあい看護師体験コーナー」を開設し、未来を担う子どもたちに「看護の心」「思いやりの心」を体験していただいて、医療や看護への関心と理解を深めていただこうと思います。また、放射線科のスタッフが参加して、「骨密度測定」も行います。

また、毎年市役所前庭で開設している「体力測定コーナー」は、今年も埼玉回生病院・ケアセンター八潮と当院(リハビリテーション科)のAMG3施設の協働事業として、毎年好評の「In bodyによる測定」を行います。

今年は看護部、放射線科、リハビリテーション科、医療連携相談室の16名のスタッフが参加し、大勢の市民の皆さんとの楽しいふれあいの中で、「地域から信頼される病院」の実現を目指してまいりたいと思います。

皆さまのご参加をお待ちいたしております。

                             <広報委員 医療秘書課 益子>

IMG_7335

                         ―写真は参加記念品の絆創膏です。―

本間医師の講演予告が埼玉新聞に掲載されました。

24日に八潮市主催で開催される、当院外科の本間医師が講師となる講演会の予告が、20日付の埼玉新聞に掲載されました。

八潮市立保健センターに確認したところ、現在の申し込み状況では、会場にはまだ余裕がありそうですので、ぜひ多くの皆さんにお聞きいただきたいと思います。

この機会にぜひご参加ください!


IMG_7318

乳がん検診受けてきました

先日、久しぶりに乳がん検診を受けてきました。

マンモグラフィーと触診の検査をしました。

女性の検査技師で撮影も手際良く、

思っていたほど痛みはありませんでした。

触診は女性の医師でした。首・両胸・脇の下まで丁寧に

診て頂きました。

最近、有名人の方が乳がんになったニュースを聞きます。

早期発見には定期的な検診が必要と痛感しています。

私も結果が出るまでとても不安でしたが、異常なしと

診断され安心しました。

次回の検診は2年後ですが、来年、乳腺超音波検査を受けて

みようと思っています。

〈乳がん検診を受けたことがない方、検診をお考えの方へ〉

当院広報誌 9月号にて乳がん検診の特集を掲載しております。

是非ご覧ください。
keki-hato-s                     <広報委員 健康管理課 柳澤>

本間医師が乳がん講演会を行います!

当院外科の本間恵医師が、八潮市主催の生活習慣病予防講座で乳がんの講演会を行います。ぜひご参加ください。

日時:924日(月・振替休日)午後130分から330

会場:やしお生涯楽習館 多目的ホール

対象:八潮市在住・在勤の方

定員:100人(申込順)

申込:電話0489953381(保健センター)

kouennkaichiras

本間恵医師のプロフィール

  • 日本外科学会専門医
  • 日本乳癌学会認定医
  • マンモグラフィー読影医

 

院内に設置されている手指消毒用ジェル・ゴージョーをご存知ですか?

ゴージョーとは、水やタオルが不要な速乾性の高い手指の殺菌・消毒ジェルです。適量を手に取り、乾燥するまで摩擦して手指に馴染ませて使用します。ジェル状なので飛散や液だれがしにくく、手指にスムーズに馴染み、手軽に使用することが出来ます。

リンクスタッフ部会では、毎月各病棟にてゴージョーの使用量の測定を行っています。目的は、院内感染の予防であり、毎月の使用量を打ち出す事で、一人一人の感染予防への意識を高めることが狙いです。病棟にて、「現行のゴージョーを携帯したい」という意見が出たため、試験導入を経て今年の1月より携帯型ゴージョーも導入しました。

感染予防対策として、面会等で病院を訪れた際は、エレベータ降りて左側にある自動型ゴージョーと、各病室洗面台に設置してあるゴージョーの使用をよろしくお願いします。

また、正面入口・西側入口・救急入口にも、自動式ゴージョーが設置してあるので出入りする際は使用をお願いします。

*注意

 手指の皮膚の治療をしている方や、アルコールが弱い方は、ゴージョーを使用せず手洗いをお願いします。

                      <リンクスタッフ部会 今森>

DSCN1230

DSCN1237

DSCN1332

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月は「社会を明るくする運動」強調月間です!

 7月は法務省が主唱する「社会を明るくする運動」強調月間・再犯防止啓発月間です。

 八潮市内でも保護司会を中心に、77日(土)午後330分から5時まで八潮駅北口広場でキャンペーンを行い、八條中学校吹奏学部の演奏や啓発物資の配布等を行います。

001219741
■“社会を明るくする運動”とは?
 “社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~はすべての国民が,犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め,それぞれの立場において力を合わせ,犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で,2018年(平成30年)で68回目を迎えます。

■地域のチカラが犯罪や非行を防ぐ

 テレビや新聞では,毎日のように事件(犯罪)のニュースが報道されています。安全で安心な暮らしはすべての人の望みです。犯罪や非行をなくすためには,どうすればよいのでしょうか。取締りを強化して,罪を犯した人を処罰することも必要なことです。しかし,立ち直ろうと決意した人を社会で受け入れていくことや,犯罪や非行をする人を生み出さない家庭や地域づくりをすることもまた,とても大切なことなのです。
 立ち直りを支える家庭や地域をつくる。そのためには,一部の人たちだけでなく,地域のすべての人たちがそれぞれの立場で関わっていく必要があります。“社会を明るくする運動”では,犯罪や非行のない地域をつくるために,一人ひとりが考え,参加するきっかけをつくることを目指しています。

■あなたもできることから始めてみませんか

 “社会を明るくする運動”では,街頭広報,ポスターの掲出,新聞やテレビ等の広報活動に加えて,だれでも参加できるさまざまな催しを行っています。イベントに参加したり,このホームページを見たことなどをきっかけにして,犯罪や非行のない安全で安心な暮らしをかなえるために,今,何が求められているのか,そして,自分には何ができるのかを,みなさんで考えてみませんか。

                                                                                  <医療連携相談室 松澤利行>