感染対策としての職員による取り組み

様々なウイルスに対する感染対策として、職員が院内で行っていることをご紹介いたします。

       ☆感染対策の基本は手洗い!

 水場があるところには手洗い励行ポスターを貼っています。

20200529_142949

手洗い場

 

◇当院に来院されるすべての方々に検温を実施させていただいております。

 ※出入口は正面玄関のみ。

ただいま検温中

正面玄関のみ

 

※37℃以上の熱がある方は、別途ご案内させていただいております。

検温1

検温

 

ご協力いただきましてありがとうございます。

 

・  職員全員マスク着用必須!

・  OA機器にビニールやラップを巻いて使用

・  1時間おきの手洗いの実施

・  出勤時の検温(37℃以上の勤務者は帰宅)

・  部署の常時換気

・  職員休憩室の常時換気

・  電話機の消毒清掃

・  入院患者さまの外出、外泊を原則禁止

・  職員全員が医療従事者として、プライベートな時間の自粛行動

【健診センター】

・  健診センター(2階)から外来(1階)へお連れするときはマスクを着用していただく

・  椅子、手すりなどの消毒

・  出勤前自宅にて体温チェック

・  健診者の受診前体温チェック

・  健診着、ロッカー清掃時には手袋着用

・  健診待ちの間、間隔を空けて座っていただくようお願いしている

・  更衣室の使用時に人数制限を設けている(MAX2名)

以上のように職員一人一人が感染対策を心掛けております。

                                                                                          感染対策委員会

                         感染リンクスタッフ部会

5月12日は「看護の日」

きょう5月12日は「看護の日」です。

また、今週1週間は「看護週間」となっています。

看護の日は、看護の心を広く国民に普及するため、近代看護の礎を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日である5月12日とし、旧厚生省により1990年に制定されました。

この趣旨に沿って、当院としても広く市民の皆さんに「看護の心」を育んでいただくために、毎年啓発イベントを開催しておりましたが、今年は新型コロナウイルスの関係で残念ながら中止とさせていただきました。

2020年は、ナイチンゲール生誕200年、「看護の日・看護週間」制定30周年の記念の年だそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体が経験したことのない危機に直面していますが、そんな今だからこそ、「看護の日」にちなんで改めて、一人ひとりが助け合い、思いやりの心を持って行動することでこの危機を乗り越えていけたらと思います。

新型コロナウイルスの一日も早い終息を願っております。

                                                                         八潮中央総合病院 看護部

看護の日ポスター

2020年スタート!

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

当院もきょう4日からすべての業務がスタートしました。

院内では830分から年頭の全体朝礼があり、真田院長、大山事務長、工藤看護部長からそれぞれ職員に訓示を行いました。

今年も全職員一丸となって地域医療に貢献してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このブログでもいろいろと情報を提供してまいりますので、ご覧いただきたいと思います。

20160604_0014

ゆく年くる年

きょうは1227日、今年も残すところ5日となりました。

皆様にとって、この一年はいかがでしたでしょうか。

当院の年内の外来診療は、週明けの30日(月)午前をもって終了させていただきます。

新年は、

12日(木)900から1300まで(受付は1200まで)、内科・外科のみ外来診療を行います。

4日(土)からは通常外来診療を行います。

救急を要する診療につきましては、年末年始も24時間体制で対応しておりますので、急病の際にはご連絡ください。0489961131(代表) 

当院の送迎車両は、1231日から13日まで運休させていただきます。

1230日及び14日は、土曜ダイヤにて運行いたします。

このブログにも1年間お付き合いいただきましてありがとうございました。

来年もこのブログが皆様のご期待に沿えるよう、タイムリーな話題を提供してまいりたいと思います。

新たな年が、皆様にとって健康で幸多い年でありますよう心からお祈りいたしております。 

                                       <広報委員一同>20160604_0024

感染予防を心がけましょう!

医療連携相談室の矢作と申します。

先日、池袋に外出をしたのですが年末が近いということもあった為、かなり混雑していました。

普段から自分の健康には気を付けているのですがこれだけ人がいればどんな感染症になってもおかしくないと感じました。

実際、保健所の感染症の報告件数も増加しています。

お子さんや高齢者、免疫力が下がっている方は重症化する可能性があるので予防が大切です。

予防で大切なのが手洗いとされています。

公共物のボタンやつり革、手すり等に触れた後、咳やくしゃみで手を覆った後、鼻水をかんだ後などに実施するとよいとされています。

当院でも12月より中学生以下のお子様の面会禁止、マスク着用での面会をお願いしております。

ご協力をお願いします。

toubyou_punch

院内でアロママッサージ

広報委員会の松澤です。

当院では、職員向けに院内でアロママッサージが受けられます!

今年度から開始され、早速利用している職員も多く、わたしも紹介してもらい行って参りました。

1

2

施術前に好きな香りのアロマオイルを選び、足、肩、首など自分の希望に合わせた部位をマッサージしてもらいます。

1回20分なので、欲張りなわたしは肩10分、首10分にしてもらいました。

マッサージは言うまでもなく、気持ちよかったです。

施術後に、この後仕事ができるか心配になるくらい脱力していましたが、ペパーミントと柑橘系のオイルを手に垂らしてくれました。この香りで頭がシャキっとして、午後も頑張って仕事をします!

3

4

セラピストの片岡さんのサロンは八潮駅近くにあるようです。

(院内の出張マッサージは、週1回です)

https://salon-anuenue.net

熱中症にご注意を!

こんにちは!医療連携相談室の矢作です。昨日気象庁より、関東甲信地方の梅雨明けが発表されました。

 私は土曜日に家族と動物園に行ってきました。日差しがかなり強かったので日焼け対策とこまめな休憩や水分補給を意識して行いましたがそれでもかなりの疲労と軽い頭痛を感じました。

 皆様も日差しが強い日は無理な外出はせず、日頃から塩分・水分補給、エアコンなどの利用を意識して熱中症を予防しましょう。また少しでも体調不良を感じた際は我慢せずに医療機関へ受診をして下さい。

矢作主任ブログ201907

インターンシップを開催します!

看護部では看護学生さん向けインターンシップを3月26日(火)29日(金)に開催いたします。

就職先を選択するには実際に来院して、体験する事が大切だと思います。

自分の雰囲気にあっているか?など皆さんの選択ポイントは様々ですよね。

実際に就職したらどんな感じなのかシュミレーションしてみてください。

2020年卒業の方の就職活動は既に動き始めています。

焦らす訳ではありませんがこの業界の動きは早いです。

就職活動は先手必勝ですよ!!

インターンシップのお申し込みは先着順となっております。

既に申し込みも多数来ていますので、気になる方は早めにお問い合わせください。電話、もしくはホームページから申し込みが可能です。

その他、看護助手さんも現在募集しております。

どうぞよろしくお願い致します!!         

 

              広報委員 看護部 下山田>

感染予防対策院内研修を開催

平成3011月に外部講師の方をお招きし、院内感染予防対策について講義していただきました。

病原体は手を介して伝番されることが多く、対策として大切とされていたのが手指衛生でした。石鹸と流水で手洗いを行うだけでも効果はあるのですが速乾性アルコール製剤を併用することでさらに効果を高められるそうです。

これからの季節、インフルエンザや胃腸炎が流行しますので普段の手洗いに加えてアルコール製剤での手指衛生を行い、感染する可能性を減らしましょう。

病院、病棟の出入り口にも速乾性アルコール製剤を設置してありますので来院した際は活用し、皆様も感染対策に取り組んでみて下さい。手順も掲載しておくので参考にして下さい。

                                                                   <広報委員 医療連携相談室 矢作>

矢作主任ブログ

やしお市民まつりに参加します!

10月に入り、全国各地で秋祭りが開催される季節となってきました。

八潮市では、市内最大のイベントである「やしお市民まつり」が1028日(日)に開催されます。

昨年は、台風の接近により残念ながら中止になってしまいましたが、毎年、模擬店、阿波踊り、キャラクターショー、ミニSLなどが行われ、大勢の人でにぎわいます。

この市民まつりに、当院も毎年参加しています。

今年は、初めての試みとして、子どもまつり広場(メセナ駐車場)で「ふれあい看護師体験コーナー」を開設し、未来を担う子どもたちに「看護の心」「思いやりの心」を体験していただいて、医療や看護への関心と理解を深めていただこうと思います。また、放射線科のスタッフが参加して、「骨密度測定」も行います。

また、毎年市役所前庭で開設している「体力測定コーナー」は、今年も埼玉回生病院・ケアセンター八潮と当院(リハビリテーション科)のAMG3施設の協働事業として、毎年好評の「In bodyによる測定」を行います。

今年は看護部、放射線科、リハビリテーション科、医療連携相談室の16名のスタッフが参加し、大勢の市民の皆さんとの楽しいふれあいの中で、「地域から信頼される病院」の実現を目指してまいりたいと思います。

皆さまのご参加をお待ちいたしております。

                             <広報委員 医療秘書課 益子>

IMG_7335

                         ―写真は参加記念品の絆創膏です。―