第50回日本作業療法学会に参加しました

<リハビリテーション科ブログ>

9月10日・11日に札幌で行われた第50回日本作業療法学会に参加してきました。

今回は、当院で行なっている地域会活動の1つである「退院後追跡調査」の結果報告として、ポスター発表させて頂きました。

1

発表時間は5分と短い時間でしたが、フロアから質問していただき、有意義な時間となりました。

最終日には、札幌名物のスープカレーを食べてから帰って来ました。

2

札幌へは、リハ科から4人で参加しましたが、科長が頼んだスープカレーの大盛りご飯があまりにも大盛り過ぎて、見ただけでお腹がいっぱいでした。

 

引っ越し!リハビリテーション科報告

4月30より病院の引っ越しが行われております。

当院は昭和48年4月1日に上尾中央医科グループ2番目の病院として開設された病院で、当初は病床数80床のスタートでした。現在は200床を超える八潮で唯一の総合病院となっております。

そんな病院とも今日でお別れです。

IMG_6260

処分するものには「廃」の文字が貼られ、

IMG_6268 (1)

みんなで必死に梱包!

 

その甲斐もあり、引っ越しはスムーズに進行しました。

IMG_6317

今までお世話になったリハ室ともさよならです、、

なんだか感慨深いものがありました。

そして5月1日はいよいよ患者さんの新病院へ搬送が行われました。

IMG_6313

他のグループ病院、施設からの協力もあり、救急車や送迎のための車が何台も集まり、「とにかく安全に!!」と事務長の挨拶の後、何度も往復することで100名以上の患者様を搬送しました。

IMG_6322

けが人もなく、無事に終了することができました。

この日のために何度も会議を重ねてきた上司はじめ当院すべてのスタッフの苦労が実った瞬間です☆

 

 

使用可能なベッドは一度解体して、、、

スクリーンショット 2016-05-01 23.31.33

引っ越し業者さんもありがとうございます。

新病院に着くと、すごい風景!

IMG_6284

廊下が広いです。天井が高い!雨漏りの心配もなくなりました。

IMG_6294

 

 

そして開放感のあるエントランンス

 

 

 

 

 

回復期病棟のリハ室からの風景は新しい時代の幕開けを感じさせます。

僕は感動し、ほんの少し涙しました…。
IMG_6281

リハビリテーション室もリニューアルし、新しい機材が入っております。

IMG_6273

引っ越しもひと段落、5月2日よりいよいよリハスタートでございます!!

休憩中の風景↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_6325

外来リハは5月6日からのスタートです。

まだまだ至らぬ点があると思いますが、地域に貢献し、皆様の健康をサポートします。

一人でも多くの笑顔と喜びを! 

1日でも早く社会復帰できるようにリハ科一同、邁進してまいります!

今後とも宜しくお願い致します。

広報委員会 リハ科 新井

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グループの学会がありました☆

先日、平成28年2月7日(日)

10:00~17:00に大宮ソニックシティーにてAMG学会が開催されました。

学会のテーマは『 結束 』 ~100 年の歴史を刻もう~

でした。

わたくしも研究を発表してきました。

スクリーンショット 2016-02-08 21.27.38

80人くらい?の中で話すのは勇気がいりますね。

 

当院からは他に検査科の吉成さん、薬科の神谷さん、リハ科の青柳さん他が発表されていました。

素晴らしい発表内容でリハ科の青柳主任は!何と!!

 

優秀賞を獲得しました!「退院時追跡調査における結果報告」

内容は、退院時調査をまとめたものです。

当院を退院した患者様がその後、

「どんな介護サービスを使っているのか?」「患者様が困っていないか?困っているとすれば何で困っているのか?」「提供したサービスの変更があったか?」「家屋調査し手すりなどを設置した際に不便などなかったか?」「退院後の患者様の活動量に変化があったのか?」などを調査しています。

スクリーンショット 2016-02-08 21.26.45

患者様が退院後1ヵ月、6ヶ月に担当のリハスタッフが、患者様の家に訪問して自分たちの指導は正しかったのか?間違ったサービスを提供していないか?調査を通して自分達のサービスの検証をするための調査です。退院時指導には他職種との「結束」が必要という意味においては学会の趣旨にもピッタリでしたね。

まだまだ当院リハ科も発展途上!

患者様を笑顔に♪

より良いサービスを提供できるように努力していきます☆

スクリーンショット 2016-02-08 21.19.15 ちなみにこれが受賞の様子ですが、なんと表彰式が予定時間よりも早く始まったため、青柳さんはおらず、会場がざわめくというハプニング!(表彰式に表彰者がいないなんて前代未聞!!)

スクリーンショット 2016-02-08 21.20.40

閉会式終了後に舞台裏で賞状を頂きました。(僕らは爆笑でした)

スクリーンショット 2016-02-08 21.18.15

また今回の学会では特別講演が行われ、 講演テーマは、

~バラエティ現場から学ぶ!1人1人がかがやく最強チームビルディング~

「コミュニケーションフロー」

講 師:W マコト(中山 真・中原 誠)放送作家(元吉本芸人)

元吉本興業の芸人として活動、現在はテレビやラジオの企画・構成を手がける放送作家を務める。また、日本初の漫才式セミナー講師として『笑いを』 活用したコミュニケーション術の第一人者。パラソニック、三菱などの企業やUSJ、東京大学、京都大学など全国で公演している。

と素晴らしい内容でした。

スクリーンショット 2016-02-08 21.18.54 コミュニケーションの天才、僕の師匠でもある(笑)「さんまさん」を題材に公演は進められました。ここには書ききれない内容でしたが、

コミュニケーションに不可欠な5つの要素

①笑顔 一つで周りを幸せにする

②相槌 傾聴、内容を確認する

③共感 他者理解「それあるある〜」人は共に感じあえたときに共感する

④ジェスチャー 身振り手振り、声のトーンを意識する。視覚、聴覚を刺戟する

⑤承認  他者を認めること 一人一人の良い部分を認める、褒める。

を笑いを交えて講演されました。

講演の一部ですが、「笑顔はコミュニケーションの第0歩!」というお話がありました。

笑顔は人間関係、コミュニケーションに不可欠ですよね。

生後7カ月のあかちゃんに「笑顔の写真」と「しかめ顔の写真」を見せると笑顔の写真の時のみに脳内で言語野の活動が高まったそうです。また幸せな脳内物質もいっぱいだったと…

今回の講演は普段の人間関係のみならず、医療界の我々にも不可欠な要素であり内容でありました。医療界もサービス業です。

スクリーンショット 2016-02-08 21.19.06

毎日の患者さんとの接客に活かしたいと思います☆

最後までお読みいただきありがとうございました。

広報委員会 リハビリテーション科 新井龍一

12/13(日) 理学療法士による一般向け公開講座があります!

こんにちは!理学療法士の新井です。

12/13(日) は理学療法士による一般向け公開講座があります!

テーマは「認知症予防と転倒予防で健康寿命を延ばそう!」です。一般の方でも楽しめる内容になっています。下記をご覧ください↓

スクリーンショット 2015-11-28 7.13.30申し込みはこちら、もしくは直接リハビリテーションの中島か新井にお声かけいただきお申し込みください。(ただいま40名ほど申し込みされています)

スクリーンショット 2015-11-28 7.13.43

もちろんタダです!!

講師は八潮ではおなじみの二人です☆

10377612_1531685027078704_4038201897968367647_n

ただいま皆様の健康を意識付けるためのプログラムを会議しております。

吉川、三郷地域からの理学療法士もスタッフとしていらっしゃいます。

参加されて普段の体の悩みを相談するのも良いですね。

11822473_805170409596454_5112730244933290882_n

夜遅くまでの会議は大変ですが、みんなで頑張っております♪

 

 

 

もちろん当院のスタッフが参加されてもかまいません!

介護さんや看護師さん、事務の方も遊びに来てくれたら嬉しいなと思います。場所は八潮メセナなので近いです。皆様のご参加お待ちしております!!!!!よいしょ♪

12063474_1657415537838985_6358001466509161243_n

介護福祉士だより №7

  5A病棟では、少ないですが尿道カテーテルの対応をしている患者さまがいらっしゃいます。 現在は、はずれたのでいらっしゃいません。

  尿道カテーテルにより排出された尿をためる専用のバッグを「採尿バッグ」と呼び、専用の カバーもありますが、カバーを使用せず、バッグ内に排泄された排尿が見えている状態のままになっている事があります。

  そこでひとつの試みとして、サイズアウトになった子どものTシャツをカバーとして使ってみては?と思いました。

  子どもの小さ目な服なら、サイズ的にも丁度よく、装着するにも簡単で見映え的にも可愛らしく見えます。もし、汚れてしまった場合には惜しみ無く破棄できます。

 着られなくなった子ども服でも、ただ捨てるだけになってしまうより、活用して少しでも患者様の役に立てられる方が嬉しいかなと思いました。

 是非とも、成功させて行きたいです。

 

八潮市はメタボリックシンドローム6年連続1位⁉︎

今回の地域活動

o0480064013449992212病院近くの学習館!

o0480064013449992254題名はこちら!メタボリックシンドロームの撲滅に協力しました☆

o0480036113449992300

 

 

講演前の伊藤主任は緊張していましたが、、

 

 

やり出せばこの通りです。

o0480063913449992223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい仕事してます☆

運動することは大事!!そんなことは誰でも分かっている!

今回は「継続するために必要なコツ」を解説しました!

o0480064013449992334

 

 

参加型のプレゼンで皆様大いに盛り上がりました!

皆さま楽しんでいただけましたか?

楽しかったですね☆

 

 

 

加えて栄養科による食事のメタボリックシンドロームを防ぐポイント

o0480036113449992241
ご飯は手のひらサイズで!!!このくらい↓
o0480064013449992203
またマンナンヒカリというコンニャクが入った?
ごはんもあるそうです…^_^;
カサ増しできてお腹いっぱいになりそうですね
塩分8グラムって厳しい~
また
ドライフルーツには注意!
乾燥してるだけだから栄養価が高い!
同じサイズと思っていてくださいとのこと☆
間食はtotalカロリーで考える。
だから間食したらごはんを減らすこと☆
pizzaを昼に食べたら夜は足りないサラダとかタンパク質を取るとか…
とにかく継続が大切!!
そして自分の食事を見直す!
自分の身体を見直す!
八潮市がもっと健康になりますように☆
広報委員会 理学療法士 新井龍一

あなたの靴は適正ですか?

こんにちは今日も暑いですね!!

先日リハ科ではインソールの勉強会

IMG_3724

講師は当院インソールといえばこの人☆

せーーの!

清田先生です。

 

清田さんは足部からの治療を得意とするセラピストの一人です。

IMG_3723

当院は整形外科の中島先生がいらっしゃって以来、踵骨骨折や足底腱膜炎などの患者さんが多くいらっしゃいます。

リハとしても早期から介入していくわけですが、足部の術後はどうしても足部の筋力低下が出てしまいます。そのため痛みがすぐには取れず困るケースも出てきます。

そこで!!

IMG_3725

すべての患者さんではありませんが、それを補うための一つのツールとして理学療法ではインソールを利用します。

 

それぞれの患者さんの歩行を観察し適切な場所にインソールをオーダーメードに使用することで痛みや歩行をスムースにすることを助けます。

 

 

しかし!!!その前に!

僕もしばしば感じることですが、、、、

皆さんちゃんと靴履いていますか?

ちゃんと靴紐結んでいますか?

靴のサイズはあっていますか?

インソール以前の問題ですね!

そりゃ足を痛めますよ!って靴を履いている方もおおくいらっしゃいます。

皆様ご注意を!

IMG_3726

新井

 

 

 

症例発表

当院リハ科では新人教育の一環として症例発表を行っております。

勤務後に行うので18時くらいから行っています。

皆が意見を出し合いどうしたら患者さんがよくなるかを検討する会です。

IMG_3712

今回は症例は脳梗塞の方、、、

脳梗塞を患った方の多くは高次機能障害に悩まされます。

今回話し合った方も寝返りをするのに麻痺側の腕を気にすることができず、寝返りが出来ませんでした。

でもリハを通してなんども何度も練習してできるようになったようです。

動作獲得にはとにかく反復練習が必要です。なのでリハのみならず看護師、ご家族の協力も必要なんです。関わる人によってやり方が違うと、患者さんが混乱してしまいます。

みんなで協力して、、

今日も共に一生懸命がんばろう!!!

広報委員 新井

歩けなくても外出しましょう!

おはようございます!!

広報委員の新井です。

先日、最近足が弱り元気がなかったおばあちゃん…。

身体が弱って足があがらない、鏡で自分の身体を見る。

 

だんだん弱っている自分をみる…。

なんだか自信をなくしてくる…。

 

その結果だんだん外出が減っていました。

そこで「おばあちゃん」を外に連れ出そう!!

ということになり家族旅行を企画しました。サントリー白州工場に行ってきましたよ。

今はどこでも車椅子が借りれる時代です。

長時間歩けない方も大丈夫!

スクリーンショット 2015-07-27 23.26.45

歩けなければ車椅子を借りよう!

目が見えなきゃメガネをかけ、耳が聞こえなきゃ補聴器をつける。

歳はみんなが平等にとるものです。全然恥ずかしくないですよ。

もしも周りの目が気になる人がいたら考えてみてください。どれだけ周りの人が自分のことをみているかを!!!笑

実際のところ「あー車椅子の人がいる〜」くらいにしか思いません。下手したらなんとも思いません。もしもそういう高齢者や障害を持った方がわんさか街に出ていたら、足を切ってようが、麻痺があろうが見慣れてきてなんとも思いません。

現に病院勤務している私がそうですから。笑

以前、患者さんを電動車椅子に乗せて北千住に一緒に買い物に行きましたが、全く問題はありませんでした。むしろ車両まで決まっていて少しリッチでした。

みんなが楽しく外に出られる日本になればいいですね〜

八潮はまず道路整備が必要かもしれませんね…。汗

それでは今日も素晴らしい1日をお過ごし下さいませ☆

新井

スクリーンショット 2015-07-28 6.16.23

 

 

 

 

 

運動器のスペシャリストを目指しています!

どうも☆

リハビリテーション科の宣伝部長!いや広報委員の新井でございます。

当院リハ科では積極的な研修会、学会参加を応援してくださっています。僕も毎日の臨床の傍、定期的に様々な研修会に参加させてただいております。

現在、参加させていただいている研修会は日本整形徒手療法協会(JOMTA)主催の国際認定セミナーです。

11060165_1626084740972065_8751843576348297368_n

上は北海道、下は九州、沖縄と全国の病院や施設から理学療法士が集まります。他の病院の先生方は知識が豊富でついていくのが大変です。

実は海外では理学療法士には開業権があり、開業することができます。

羨ましいですね!僕も運動器のスペシャリストを目指し頑張ります!

理学療法士はクリニカルリーズニングといって患者さんを評価し(例えば筋力や関節の動き、筋肉の硬さ、神経系の問題、痛みなど)

解剖学、運動学、生理学をもとに患者さんの症状をみていきます。

これは実際にあった話ですが、例えば肩が痛くてあがらない患者さん。レントゲン上では肩に問題がみられなかったそうです。

そこで様々な評価で調べてみると、首が悪かったり、手の関節が悪いことが原因だったりすることもあります。

患者さんもびっくりですよね?!

まさか手の関節から肩に痛みが出ているなんて!

身体は不思議なもので、様々な部位から関連痛を起こすことがあります。

日常の生活習慣から繰り返し負荷がかかることで様々な部位に症状として出る場合があります。

もしも日常的に腰が痛い、肩が痛い、足が痛いなどがありお近くの治療院等で改善が得られないような場合は当院のお医者さんに診ていただいてください。

その際はリハビリもオススメですよ☆笑

皆様が健康に過ごせるように体操やストレッチ指導も行っております。

IMG_2533

当院をよろしくお願いいたします。

広報委員会 新井