コミュニケーション

毎年、介護職・看護職・リハビリ・薬局と職種、年齢関係なく休みや時間が合えば声をかけBBQの開催、忘年会・新年会、飲み会を開いたり、ご飯を食べに出かけたり、遠足で江の島や動物園などいろんな行事を考え行っています。

また、お子さんやご家族も気兼ねなく参加してくれます。新入職員も飲み会などで先輩や他の職員の事を知るきっかけにも繋がり、職場とは違うその人の一面も発見できる大事なコミュニケーションの場とも考えています。

 【広報委員・金城】

今日もげんきですか?リハビリテーション科

こんにちは

リハビリテーション科の新井です。先日は北海道で行われた運動器理学療法学会に参加してきました。

IMG_9687 口述での発表は緊張しますが、なんとか終えることができました。

IMG_9702

学会当日はお祭り?も行われており、昼休憩などを利用してジンギスカンを堪能させていただきました!

IMG_9681

夜は北海道の先生方との懇親会でした。海鮮を堪能し、

IMG_9697

1時まで飲んでしまいましたが(汗)、ススキノの夜は賑やかでした。

IMG_9689

学会での楽しみは全国のセラピストと議論し、時間を共有することです。

おかげさまで僕も全国に理学療法士の友人がいます。

時折、普段の臨床での業務中に全国の友人のことに思い出します。(仕事に集中していない証拠ですね。すみません。笑)

 

「今、この瞬間にも全国で患者さんのために頑張っている人がいる!」

 

このように思うようにすることで、自分の仕事でのモチベーションを奮い立たせるようにしています。

 

今この瞬間、目の前の人に自分は何ができるのだろう?

目の前の方の健康に寄与したい!

 

そのような想いで当院では介護予防に加えて勤労者の健康増進、生産性の向上、子供達の障害予防などを行うヘルスプロモーションチームを立ち上げ、活動を企画・運営しています。

 

先日はヘルスプロモーションチーム大朏と香坂による大原中学校にてストレッチ講座を行いました。

IMG_4423

ストレッチの重要性は?

ストレッチのリスクは?

どのようにやると効果的なの?

 

このような疑問に対してわかりやすく解説をするとともに、

我々が開発中のストレッチと体操を組み合わせた体操であるY‘s体操〔(ワイズ体操)八潮中央総合病院の体操〕をお試しいただきました。

IMG_4433

皆さん一生懸命に取り組んでいただき、笑顔がとっても素敵でした!

 

出前講座も随時募集行っています。

今後は小学生、中学生を対象とした障害予防

企業の職員を対象とした腰痛予防、

環境整備等にお力添えできればと考えています。

IMG_9678

ぜひ今後ともヘルスプロモーションチームを宜しくお願い致します。

(ご相談は地域連携室まで)

広報委員会

新井

 

仕事と趣味

広報委員の渋谷です。

現在私は、看護研究を行っています。

研究の内容は「当院の介護福祉士の専門性に関する認識調査」です。

病院の介護福祉士に専門性があるのか、病院の介護福祉士に必要な知識やスキルなどについて、当院の介護福祉士にインタビューを行い、考察してまとめているところです。

休日は、学生時代に吹奏楽部に所属していたので、よく演奏会やコンクールを聴きに出掛けています。

いつか楽団に入ってまた演奏したいなと考えています。

埼玉県は吹奏楽が盛んで強豪がたくさんいます。

1995年に八潮中が吹奏楽コンクールの全国大会で金賞を取ったんですよ。ご存知でした?

八潮中は全国大会等に何度か出場しているんですよ!

皆さんは休日をどう過ごしていますか?

ブログ1

ブログ2

ブログ3

やしお毎日1万歩運動

医療連携相談室の松澤利行です。

私は「やしお毎日1万歩運動」に参加しています。

この運動は、「健康長寿埼玉モデル事業」として平成27年度に開始した事業です。「タニタ食堂」でおなじみの「タニタ」の健康プログラムを活用しています。
 参加者は、活動量計を持って、毎日1万歩を目指して歩きます。活動量計のデータは、市内3か所にある「キーステーション」から送信することで、WEBからデータの変化が確認できます。
 平成27年度の参加者は126人、平成28年度は、新規参加者105人と平成27年度からの継続参加者83人の合計188人が参加しています。 

今年度は6月からスタートしますが、私も先日申込みしました。

 なるべく意識して歩いているつもりですが、1万歩まで行かない日も多くあります。

 キーステーションは、市役所、保健センター、文化スポーツセンターの3か所で、それぞれ体組成計が設置してあり、自分の身体の状態をチェックすることができます。

<最近測定したデータ>
IMG_2629

 体組成計は、体脂肪率、筋肉量、水分量などを測ってくれますが、最後に書いてある体型判定では、残念ながらいつも「運動不足型」です。

体内年齢はみんな若めに出るようです。(笑)

これからも無理せず、できる範囲で歩き続けるとともに、食事や睡眠などにも気をつけていきたいと思います。

ハムストリングスのストレッチについて 

こんにちはリハビリテーション科の洗いです!ではなく、新井です!IMG_7324

息が荒いわけでもなく(笑うところですよ)、本日はハムストリングスのストレッチについて解説をしたいと思います。(砕けた内容、記述ですみません。トランプさんのツイッターが炎上しているようなので炎上しないか心配です)

さて、前置きはこのあたりにして本題に移ります。

ストレッチングの目的・効果は以下の通りです。

①筋肉の柔軟性の向上

②リラクゼーション

③血液の循環を良くする

④筋肉の委縮の予防

⑤神経機能の改善(交感神経の促通)

ストレッチは本当は一日3〜4回行った方が良いと思います。しかしやりすぎは禁物です!強すぎるストレッチは関節の中の組織や筋肉を痛める可能性があります。

「炒める」という言葉は「火」に「少」やはり痛めないためには適度な強度が大切です。

一回の効果は少し動きが良くなったと感じる程度で十分です。週3日くらい行うと関節の可動域が広がってきます。ストレッチ初期は早く効果が現れますが、十分にストレッチするには年単位の期間が必要です。

ダイエットと同じで急激なダイエットは体を壊します。今まで硬くしてきた皆様の身体は何年かけて硬くしてきましたか?

時間をかけてゆっくりと行いましょう。また、夜寝る前にストレッチをする方が効果的であると言われ、この理由として夜に睡眠中は身体を動かすことがありません。寝る前に伸張しておくことで、できるだけ筋が伸ばされた状態を維持することが重要だとされています。

個人的な見解としては、強度の強いストレッチをすると交感神経が働き寝つきが悪くなるので、就寝の1〜2時間前に行う、もしくは就寝前に強度の低いマッタリとした まるでとろろ芋のようなストレッチが良いと思います。

今回はハムストリングスのストレッチをご紹介します。

ハムストリングスとは、

FullSizeRender

もも裏にあるこの筋肉のことをを言います。

歩くときや走るとき、膝を曲げるとき、旦那さんをかかと落としするときに使う筋肉です。

スクリーンショット 2017-01-18 21.44.14

 

アンディフグ選手は素晴らしい方でしたね。。。

この筋肉をストレッチすることで、足がとっても軽くなります!

特に腰痛の方はこの筋肉が硬くなりますので良く行ってください。

当院で行なっているやり方はこちらです。

名称未設定

 

僕らが行なった方がもちろん効果が高いですが、自主トレでは、

①仰向けに寝る

②最大限まで膝を抱える

③膝をしっかりと抱えたままで

④膝を伸ばしていく

スクリーンショット 2017-01-18 21.53.41この写真のようなやり方で行なってください。

効果がなくならないように!

必ず膝を抱えたままで固定して行なってください。

それでは今日も健やかにみなさまが健康でありますように☆

広報委員 リハ科 新井

 

介護職だより NO,10

4B病棟の品田、藤原です。

紅葉が進んで景色も変化してきましたが、4Bのデイルームから見える

1本の木は、本日も緑を残しています。

さて、病棟からよく見える「つくばエクスプレス」。

この路線を利用してこの病院に訪れる患者様も多いかと思います。

ちょっとだけググってみたところ…

元々はJR常磐線の混雑の緩和を目的とした「常磐新線」という仮称だったようです。

ん…???

そうなると、運営は、JRになりますよね???

これまたググってみたところ、JRは採算性の関係で運営から手を引き、

現在の首都圏新都市鉄道会社が開業の運びとなり「つくばエクスプレス」が誕生!!

「陸の孤島」と言われていたつくばを首都圏に繋げる画期的な沿線となっております。

更に、延伸計画(秋葉原~東京)もあるそうです!!

実現したら、新幹線の利用も増えそうですね♪

ここ八潮駅は、区間快速も停車するのでとても便利です。

沢山利用して、色々な所へ足を運びたいですね。

写真は、病棟から見える夜のつくばエクスプレスです。

2016.12.10ブログ用1

2016.12.10ブログ用2

【4B病棟(整形外科病棟)

趣味のおはなし

広報委員の介護福祉士 古川です。

皆様どんな趣味をお持ちでしょうか?

当院スタッフは、サッカーやバスケ・マラソン・登山・釣りにダンス・楽器と様々な趣味をやっている人がいます。

自分も、サッカーやスノーボード・登山に釣りをやっています。

最近は釣りにはまっていて、魚とのやり取りがとても楽しいです。

どこにいるか?どうやったら釣れるのか?想像しながらアプローチしていくこの過程が

病院での患者様へのアプローチしていく過程によく似ている気がします。

趣味が、普段の仕事に活かせていることに気が付きました。

そんな中、趣味を仕事に活かして協力していただいている介護職員さんを紹介したいと思います。

絵を描くことがとても上手で、前病院ではデイルームの壁一面を絵で飾って頂いたり、病棟カウンター前を定期的に季節ごとに絵を飾って頂いたり、患者様への誕生日カードにイラストを描いたりと活躍していただいていました。

現在では、当院の接遇委員会での職員身だしなみ基準のイラストを書いてくれています。

得意なこと、趣味がある事はとても素晴らしいことだと思います。

趣味がある事によって生きがいにも繋がると思います。

皆さまも色々なことに挑戦し、新たな趣味を見つけてみてはいかがでしょうか?

No1

No2

No3

NO4

今年締めくくりのブログ

こんにちは。今年も残す事、数日となりました。

皆様は今年を振り返りどんな1年でしたでしょうか・・?

八潮中央総合病院では引越しが1番のニュースではないでしょうか。

病院の引越しなんて貴重な体験でしたから私の中でも、もちろん上位です!!

引越しまでの準備、そして当日の様子はずっと忘れられない出来事です。

思い出の詰まった旧病院を離れる淋しさや、新病院のワクワクが入り混じった・・

学生ならば卒業と入学に近い様な・・そんな気持ちでした。

新病院に移転して半年が過ぎましたが外来患者様が来院された際の

施設内等の把握も定着しつつあり移転当初のバタバタもだいぶ落ち着きました。

今後も建物だけではなく患者様に満足して頂ける医療を職員一同

心掛けていきたいと思います。

どうぞ良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願い致します。 

医療秘書課  下山田

下山田さんブログ

食を考える

八潮市のホームページで、12月分の学校給食予定献立表が公表されていました。

メニューを見ると「ごはん給食」がほとんどですが、カレーうどんやピラフ、ハヤシライスなどもあり、子どもたちに好まれそうなバラエティに富んだメニューとなっています。

http://www.city.yashio.lg.jp/kosodate/kyoiku/kyushoku/kondate.files/2016.12gatusyou.pdf

私の小学校時代の給食は、パンと牛乳、魚や野菜の煮物などが出されており、好き嫌いの多かった私にとって給食の時間は一番の苦手で、毎日やっと食べていた記憶があります。

12月の学校給食献立表には、ふるさと給食(今月は京都府)や世界のメニュー(今月は韓国)、クリスマスメニューなどもあり、時代が変わったなあと改めて思いました。

ところで、毎月発行している院外広報誌ふれあいには「管理栄養士のメディカルレシピ」が掲載されており、当院の栄養科職員が季節に合わせた健康的なメニューをご紹介しています。

毎回、楽しみにしてくださる読者の皆さんもいて栄養科の担当者も一生懸命作っています。

ぜひ一度ご覧いただいて、実際に作ってみてはいかがでしょうか。きっとご家族に喜ばれることと思います。

院外広報誌ふれあいは、院内各所のラックに配置しているほか、市立図書館の地域医療コーナーや八潮市社会福祉協議会でもご覧いただくことができ、お持ち帰りいただけます。

また、今ご覧いただいているホームページのトップページに戻り、院外広報誌のバナーをクリックしていただいてもご覧になれます。

http://www.yashio-cgh.jp/concern/paper.html

「医食同源」という言葉もあるように、日ごろからバランスの良い食生活を心がけて、何かとあわただしい師走を元気にお過ごしください。

family_syokutaku

                                     【地域医療連携室/松澤利行】

ブラック・レイン

こんにちわ                             

採用担当しております杉田です。 

寒くなりましたが、皆さん、ご体調は如何でしょうか?

毎年この時期になると思い出すことがございます。

『ブラック・レイン』という映画を見たことがございますか?

故松田優作さんの遺作となった作品です。

前年アカデミー主演男優賞をとったマイケル・ダグラスとの競演の話題作です。

実は、私、この映画にエキストラとして出演しておりました。

大阪で撮影していたのですが、12月から2月、しかも深夜から朝までの撮影が多く、

その時期の大阪は無茶苦茶寒く、辛かったのを覚えております。

その中で唯一の楽しみは、仕出し弁当です。

当時としてはまだ珍しい発火式の仕出し弁当でした。

寒い時に食べる温かい弁当は嬉しかったです笑っ

しかも美味しいし、豪勢ですし。。。

『さすがアメリカ、日本とちゃうわ、ほんまに!!』と

楽しみにしていたのを覚えております。

優作さんと何度かほんの少しですが会話させて頂いたのですが

正直な話、彼が生死を分ける病だとは知らなかったです。

後々に聞いた話によると、想像を絶するほど壮絶なものだったそうです。

わからなかった。

ほんとわからなった。

優作さんは、本当は無茶苦茶しんどかったと思います。

辛かったと思います。

辛いとき、しんどい時、顔に表情が出る人が多々おります。

カッコいいものではありません。

辛いときだからこそ毅然とした対応ができる人間になりたい

優作さんのようになりたい!!

毎日そう思いながら、感情をコントロールしながら日々業務を行っております。

ブラックレイン①

ブラックレイン②