リハビリテーション科 学会報告

先日、福岡で行われた予防理学療法学会に参加してきました。
スクリーンショット 2018-11-26 7.17.54
当院のヘルスプロモーションチームでは、地域での出前講座(体操、熱中症講座)も行っていますが、その他の活動として、、
小学校のバスケットボールチームへの活動(子供たちが怪我をしないように、またはけがをした後の応急処置の方法など障害予防への取り組み)、
院内の職員のために腰痛予防への取り
組みなどを行っています。
福岡の学会では腰痛予防への取り組みを発表させて頂きました。
非常に有意義な学会でした。
決してうどんを食べに来たわけではありません。笑
スクリーンショット 2018-11-26 7.17.06
自動販売機でダシが売ってるのはビックリしました。
さて、
福岡の学会では、健康寿命と平均寿命の間、ケア期間をいかに縮めるか?を考える良い機会となりました。
 スクリーンショット 2018-11-26 7.27.10
※厚生労働省より
健康寿命とはその人が生き生きと健康で過ごしている期間を言います。
ベッドで寝たきりとなり動けない期間を通称「ケア期間」といいます。
実際に亡くなられる期間を平均寿命といいますので健康寿命を延ばしケア期間を減らす。
つまりピンピンコロリが良いわけですね。
学会でのお話では、健康寿命の延伸を阻害する因子として
①臓器をはじめとした問題(脳血管障害などなど、、、)
②足腰の問題(運動器疾患とくに関節疾患、骨折、転倒)
③精神の問題(うつ、認知症)
があるようです。80代となると運動器不安定症は60%にもなると言います。
一見普通に見える人も「隠れ肥満」があるように、「隠れサルコペニア」の可能性があります。
僕は外来の患者様を診る機会が多いのですが、何から身体に不調を抱える方の筋力を測定してみると皆さん「自分の身体を支えられない」ことがなんと多いことか!
恐ろしいですね。
サルコペニアのスクリーニング検査としては、下腿周径を測るのが簡便とされています。25㎝より細い人は注意が必要です。
日本人の死亡のリスクファクターとして、
タバコはもちろんのこと、高血圧、運動不足、高血糖、塩分、アルコールとなっているそうです。
「Exercise is medicine」といいますが、本当に運動は大切ですね。
しかしながら、
やり過ぎもやらな過ぎも良くない。
当たり前のようですが「いい加減にやる」ことは難しい。
座位時間が長い人は死亡率があがるとも言われています。現代人は昔のように重労働は全て機械化、IT化され重い物を持つ事は減っています。パソコンやスマホを使用する時間が多いため注意が必要です。
歩行くらいの運動負荷を10分間増やせば死亡率、認知症、ロコモを8.2%軽減できる。
やはり「歩くこと」凄いですね。
みんなで散歩やスクワット、階段昇りなどをしましょう。
事務職の方は、休み時間はメールや携帯をいじるのではなく、アクティブレストを取りましょう。
つまり運動しながら休むことです。運動によってリフレッシュして午後も頑張れます。5~10分程度の体操が効果的です。
体操といえばYou tubeでもいいですね?!
「八潮中央総合病院 体操」でみながらやってもらってもいいと思います。笑
スクリーンショット 2018-11-25 15.57.55
今年は私個人としては
目標としていたフランスでの学会発表もすることができました。あとは論文を書くことです。汗
スクリーンショット 2018-11-26 7.17.26
スクリーンショット 2018-11-26 7.17.38
※筋膜の博士、イタリア人のアントニオ先生とともに
今年もあとわずか!
皆さんが少しでも毎日を楽しく健康で過ごせることを祈っています。
 スクリーンショット 2018-11-26 7.17.46
健康で元気に頑張りましょう。
広報委員会
理学療法士 新井

天災は忘れたころにやってくる

「天災は忘れたころにやってくる」ということわざは、地震や台風などの天災はその恐ろしさを忘れたころにまた起こるものであるから、用心を怠らないこと、油断は禁物であるという戒めです。

 しかし最近の災害は、その被害の傷が癒えないうちに次々とやってきます。

このたびの台風21号及び平成30年北海道胆振東部地震でお亡くなりになられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。

連日のように余震が続き、台風などで新たな天候悪化が懸念されている中で被災地の皆さんのお気持ちはなかなか休まらないことと思います。

政府も全力で復興に向け動いており、ボランティアの皆さんも積極的に活動されているというニュースも報道されています。

被災地の皆さん、どうか希望を持ってこの難局を乗り切ってください。

<現地の被害状況や政府の対応>

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/earthquake20180906/index.html

当院では防災委員会を中心にすべての職場で災害に備えているところです。

ご家庭でも日ごろから、災害への備えをご家族で話し合ってみましょう。

illust4131thumb

                                                                                           【広報委員/松澤利行】

ヘルスプロモーションチーム活動報告

八潮中央総合病院リハビリテーション科のヘルスプロモーション(学校班)です。

先日の中学校の活動に引き続き

IMG_6674
今回は私達は、バスケットボールチームで「ウォーミングアップについて」実技と講義を行いました。スクリーンショット 2018-07-07 5.26.01

ウォーミングアップの目的は練習、試合前の準備運動とされています。

練習や試合で質の高い動きをするには、いい準備が必要です。

スクリーンショット 2018-07-07 5.26.47

スクリーンショット 2018-07-07 5.26.27
ウォーミングアップの効果として
①体温、筋肉温度が上がる
②体の可動性が上がる
③動きがスムーズに行える
④動きと心の準備
などが可能とされています。

体温が上がるには、10分前後の時間が掛かるとされています。

季節に応じて時間調整が必要です。

例えば、急に走ったり、いきなりボールを蹴るなどするとケガのリスクが高まります。

そのようなケガを防ぐには、ウォーミングアップが不可欠です。ゆっくりと目的の運動を意識しながら準備することが大切です。

スクリーンショット 2018-07-07 5.26.40講義の最後に実技として皆様とウォーミングアップで軽い汗をかくことができました。

ウォーミングアップの途中にも水分補給をお忘れずに!熱中症対策もお願いします。
今後、バスケットボールチームは、ストレッチ(クールダウン)を行う予定です。

お子様が怪我なく元気でスポーツが出来るような活動をしていきます。

学校班では、八潮地域の小中学生の怪我予防に対する活動を行なっています。

スクリーンショット 2018-07-07 5.27.08

 

本日も皆様健康でお過ごしください!!!!!!!!!!!

 

 

 

バスケットボールチームへの貢献!テーピング講座を行いました!

八潮中央総合病院リハビリテーション科の地域活動チームです。

チーム名は、ヘルスプロモーションです。
そのチームの中でも産業班と学校班にわかれています。

学校班では、八潮地域の小中学生の怪我予防に対する活動を行なっています。

班の目標としては、「怪我予防の知識と意識を高める」としています。

私達は、先日あるバスケットボールチームで指導者、保護者向けのテーピング講座を行いました。

スクリーンショット 2018-05-19 7.00.02

テーピングは、指や手首、足などの関節に巻いて傷害を受けやすい部位を補強、その動きを制限することでケガや障害を予防し、再発を防ぐ目的で行われます。

しかし過度の期待は禁物です。テーピングをしたからといってケガが治るわけではなく、絶対にケガをしないというわけでもありません。

そのような時は、リハビリテーションとして運動やストレッチを行います!

準備体操や体幹トレーニング、競技に合わせた運動やストレッチなどを行い、

再発予防することが必要です。
正しい運動やストレッチを継続することで予防することが出来ます

継続することで運動能力の向上も?!
今後のバスケットボールチームへの活動として準備体操やストレッチ(クールダウン)を行う予定です。

お子様が怪我なく元気でスポーツが出来るような活動をしていきます。

今日も皆様が健康でありますように、、、

リハ科 ヘルスプロモーションチーム

靴の専門家と勉強会を行いました

こんにちは

いつも元気ハツラツのリハビリテーション科でございます。

今回は勤務後に外部講師をお願いして勉強会を行いました。

講師はオーダーメイドシューズとインソールの専門店「Bloque|ブロック」の村田社長です。

簡単にご紹介させて頂きますと、 日本靴医学会や日独小児靴学研究会に所属されており小児靴カウンセラーの資格などを持たれ、ドイツのマイスターに師事し、様々な調整技術を学び実践され、靴の企画商品開発やバスケット全日本代表のインソールや様々なプロアスリートのインソールを製作されているまさに

「靴のスペシャリスト」です。

スクリーンショット 2018-04-26 6.31.15現在では千葉県の天王台を拠点に柏、幕張新都心、我らが埼玉越谷レイクタウン、そしてブロックキュートつくば店、さらに今年3.10にはMBTショップつくばキュートをオープンさせるなど、本当にご活躍されています。

また子供の靴に関しても従事されており、子供の靴に対する啓蒙活動も積極的にされています。お店に装具士さんがいるというのも驚きですよね。

今回は「靴屋からみた靴の選び方」をテーマに講義して頂きました。

当院は足の外科があり、中島Drに相談するために全国から患者さんがいらっしゃいます。「強剛母趾」「外反母趾」「ハンマートゥー」「外脛骨障害」など色々な方がいらっしゃっています。

術後のリハビリテーションにおいて、可動域や筋力練習をすることはもちろん

我々は靴のカウンセリングや時にはインソールを修正することもあります。

そこで実際リハビリを患者さんと行っていると感じることがあります。

それは

 

 

 

「靴がへたっている」「正しい靴の履き方をしていない」ことです。

 

確かに最近ではインソールを修正したり、オーダーメイドで作る方が多くいらっしゃいます。

しかしながら、正しい靴の履き方ができていなければインソールの効果は得られません。また靴も最近では色々なデザインや機能靴も登場し、

 

「どんな靴がいいんだろう??」と疑問に思うことも多くあります。

また、現在リハビリテーション科ヘルスプロモーションチームではバスケットボールチームのサポートも行っています。子供の靴となるとまた専門的な知識が必要となります。

そこで今回は村田さんに「正しい靴の選び方や履き方」つまり

 

「靴とはなんぞや」について熱く語っていただきました。

スクリーンショット 2018-04-26 6.30.27

やはり「正しい靴選びができていない方が多い」と村田さん

靴は、

「柔ければいい」「軽ければいい」「安ければいい」

と日本人には認識されている方が多い。

なぜ重いのか、なぜ硬いのか?考えてみて欲しい。

それぞれの靴にはメリット、デメリットがあります。

重い靴は敬遠されがちですが、メリットも多い。

例えば

「ソールが厚くできていて衝撃が少ない」

しっかりとした素材を使用しているために

「安定性が高く、耐久性が高い」

などがあります。

そのためコストがかかるんですね!

スクリーンショット 2018-04-26 6.31.41

自分の用途に合わせて正しい靴を選ぶことがいかに大切かを考えさせられました。

スクリーンショット 2018-04-26 6.32.17

足は人それぞれです。みなさんの足の形には個性があります。だからこそ

1、まずは自分の足を知り

2、自分の足に合う靴の形を知る(メーカーでもサイズは異なる)

3、踵をしっかりと合わせて紐をフィットするように締めること

(土踏まずから踵まではピタッと!だけど指は動かせる靴)

 

靴も奥が深い!!

理学療法と同じです!笑

スクリーンショット 2018-04-26 6.32.06

 

大変勉強になりました!村田社長ありがとうございました!!

みなさまも正しい靴選びで健康を!

リハビリテーション科は今日も患者さんの笑顔を作るために一生懸命頑張ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

リハビリテーション科 新井

 スクリーンショット 2018-04-26 6.32.49

講師: 株式会社 ブロック 代表取締役社長 村田 由一

ホームページ:http://www.bloque.co.jp

スクリーンショット 2018-04-26 7.15.18

 

 

 

「形」

明治の文豪・菊池寛の小説に「形」という作品があります。

短編小説で、朗読講座などでもよく使われ、読書は苦手という方にもおススメです。

著作権の保護は著作者の没後50年までですので、インターネット上で検索するとすぐ作品を読むことができます。

作中の「形」は、槍の達人がつけていた陣羽織と兜ですが、世の中の権力や肩書きなどにも当てはまるような気がいたします。

510分くらいで読むことができますので、あらすじはお伝えせずに、読んでのお楽しみということでいかがでしょうか…。

地域の皆様に健康をお届けするために Y’s 体操 考案!!

こんにちは!

リハビリテーション科 広報委員会の新井です。

皆様は今回、

当院院外広報誌の「ふれあい2月号」をもうご覧になりましたか?

IMG_0249

「ふれあい」は当院のホームページのバナーからもご覧いただけます。

スクリーンショット 2018-01-24 6.05.05

今回ふれあいではリハビリテーション科の特集として「ストレッチングと筋力トレーニング」の特集を組ませていただきました。

ストレッチングや筋トレの簡単なポイントも載せてあります。

IMG_0250

ぜひご覧ください!

当院ヘルスプロモーションチームでは、地域の皆様や忙しく働く勤労者を対象に健康相談、環境整備、健康体操指導などを行っています。ご要望があれば、企業に出向いて身体測定、ストレッチ講座を開いたり、障害予防講座を開いたりしています。

その一環として今回は動画を作成しました。

今回は仕事の合間や休憩時間でできるように時間を5分以内の体操とし、立ってできるもの、または座ってできるものに限定して作成しております。

下記に検索方法を載せておきます。

<動画閲覧方法>

①まずインターネットを開いていただき、YouTubeのサイトを開きます


②検索欄に「ys 体操」または「八潮中央総合病院 体操」と入力してください。

スクリーンショット 2018-01-24 5.56.14スクリーンショット 2018-01-24 5.55.41

すると、動画が出てくると思いますのでこちらからご覧ください。

スクリーンショット 2018-01-24 5.58.02

しっかりやると本当に効果があります。ぜひお試しください。

スクリーンショット 2018-01-24 5.56.40体操の詳しい内容、解説は当院地域連携室にご連絡頂き、ご相談頂ければと思います。

少しでも多くの皆様に健康に貢献出来ればと思います。今後とも当院を宜しくお願い致します。

スクリーンショット 2018-01-24 5.56.55

 

御直披

「御直披(おんちょくひ)」という本があります。

「御直披」とは、手紙の宛名に添える言葉で「あなただけに読んでほしい」という意味です。

いまどき使われることの少ないこの言葉をタイトルにしたこの本は、レイプ被害に遭った女性と女性警察官との手紙のやり取りを綴ったものです。

IMG_5403

この本との出会いは、購読している月刊誌の1月号で法務省の担当官の文の中に紹介されていたのを目にしてすぐ購入しました。

神奈川県警の性犯罪捜査の責任者である筆者は、手紙が届いた日から常に被害者の心に寄り添い、何度も何度も丁寧に手紙や電話のやり取りを行い、最後には口述をもとに作成した似顔絵から加害者が逮捕され、裁判で懲役20年という判決を得ます。

プロとしての考え方や仕事ぶり、女性ならではのきめ細やかな視点、常に原点に戻り「だれのために何をすべきか」を考えながら行動している姿に感動しました。

また著書の中で、筆者の母親が入院した際に担当看護師が患者や家族の心に寄り添いながらてきぱきと動く姿に感動する記述があり、女性のプロフェッショナル同士の尊敬と共感が表れていました。

魂を傾けながら問題解決に向かって奮闘するプロの仕事ぶりは、男女を問わず多くの共感を呼び、解決に結びついていくということを、この本を読んで改めて感じました。

                               【医療連携相談室・松澤利行】

コミュニケーション

毎年、介護職・看護職・リハビリ・薬局と職種、年齢関係なく休みや時間が合えば声をかけBBQの開催、忘年会・新年会、飲み会を開いたり、ご飯を食べに出かけたり、遠足で江の島や動物園などいろんな行事を考え行っています。

また、お子さんやご家族も気兼ねなく参加してくれます。新入職員も飲み会などで先輩や他の職員の事を知るきっかけにも繋がり、職場とは違うその人の一面も発見できる大事なコミュニケーションの場とも考えています。

 【広報委員・金城】

今日もげんきですか?リハビリテーション科

こんにちは

リハビリテーション科の新井です。先日は北海道で行われた運動器理学療法学会に参加してきました。

IMG_9687 口述での発表は緊張しますが、なんとか終えることができました。

IMG_9702

学会当日はお祭り?も行われており、昼休憩などを利用してジンギスカンを堪能させていただきました!

IMG_9681

夜は北海道の先生方との懇親会でした。海鮮を堪能し、

IMG_9697

1時まで飲んでしまいましたが(汗)、ススキノの夜は賑やかでした。

IMG_9689

学会での楽しみは全国のセラピストと議論し、時間を共有することです。

おかげさまで僕も全国に理学療法士の友人がいます。

時折、普段の臨床での業務中に全国の友人のことに思い出します。(仕事に集中していない証拠ですね。すみません。笑)

 

「今、この瞬間にも全国で患者さんのために頑張っている人がいる!」

 

このように思うようにすることで、自分の仕事でのモチベーションを奮い立たせるようにしています。

 

今この瞬間、目の前の人に自分は何ができるのだろう?

目の前の方の健康に寄与したい!

 

そのような想いで当院では介護予防に加えて勤労者の健康増進、生産性の向上、子供達の障害予防などを行うヘルスプロモーションチームを立ち上げ、活動を企画・運営しています。

 

先日はヘルスプロモーションチーム大朏と香坂による大原中学校にてストレッチ講座を行いました。

IMG_4423

ストレッチの重要性は?

ストレッチのリスクは?

どのようにやると効果的なの?

 

このような疑問に対してわかりやすく解説をするとともに、

我々が開発中のストレッチと体操を組み合わせた体操であるY‘s体操〔(ワイズ体操)八潮中央総合病院の体操〕をお試しいただきました。

IMG_4433

皆さん一生懸命に取り組んでいただき、笑顔がとっても素敵でした!

 

出前講座も随時募集行っています。

今後は小学生、中学生を対象とした障害予防

企業の職員を対象とした腰痛予防、

環境整備等にお力添えできればと考えています。

IMG_9678

ぜひ今後ともヘルスプロモーションチームを宜しくお願い致します。

(ご相談は地域連携室まで)

広報委員会

新井