ツバメのひなが孵りました!

当院西側の職員通用口前の天井付近の、昨年ツバメがつくった巣に、今年もツバメが頻繁に出入りしていましたが、このほどひな3羽が孵りました。

また今年は、北側の救急入り口前にも巣をつくり、ひな2羽が孵って計5羽となっています。

親ツバメはそれぞれの巣の子ツバメに餌を運んで来て与え、19日朝、通用口側の子ツバメは巣を飛び立ちました。救急入り口前の巣からも間もなく飛び立つものと思われます。

ツバメが巣をつくることは昔から縁起が良いとされてきました。

子ツバメが無事に成長して巣を飛び立つように、患者さまが一日も早く回復しお元気になられることを願っております。IMG_6646

IMG_6642

IMG_6641<6月19日(火)9:00 救急入り口前にて撮影>

職員が院外清掃活動を行いました

614日(木)午後120分から、当院職員による病院周辺の院外清掃活動を行いました。

この清掃活動は定期的に実施しているもので、この日は病院周辺のごみの除去や植え込み・隣接道路などの雑草除去を中心に行いました。

今後も院内外の清掃活動を継続して実施し、いつも清潔な環境のもとで患者さまに安心して受診していただけるよう心がけてまいりたいと思います。IMG_6627

IMG_6630

IMG_6635

IMG_6637

IMG_6638

IMG_6639

朝日新聞で整形外科の中島健一郎医師が掲載されました

613日付の朝日新聞朝刊生活面のコーナー「どうしました」で、当院整形外科の中島健一郎医師が掲載されました。

このコーナーは毎月1回、読者の質問にその分野の第一人者である医師が紙面で分かりやすく答えるコーナーで、今回は、かかとの骨にとげができて痛みが出る「踵骨棘(しょうこつきょく)」についての質問に答えています。

IMG_6625 中島医師は足の外科専門医として、毎週金曜及び土曜の午前9時から午後1時まで外来診療(受付は午前8時から12時まで)しており、予約制となっております。

  <中島医師のプロフィール>

 平成15年東京大学医学部卒業、日本整形外科学会専門医、障害者福祉法指定医、義肢装具等適合判定医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

枝豆大感謝祭が開催されます!

617日の日曜日、駅前のフレスポ八潮駐車場で「やしお枝豆大感謝祭」が開催されます。八潮の枝豆が周辺各地からも注目されています。皆さんも出かけてみませんか。

やしお枝豆大感謝祭

      (父の日スペシャル・お父さんと枝豆に感謝)

日時

6月17日(日曜日)
午後3時から7時まで

場所

フレスポ八潮1階駐車場

内容

枝豆試食会、市内農産物即売会、商工会特産品と推奨品即売会、枝豆グルメ販売、音楽ライブ、効き豆コーナー、枝豆さや飛ばし大会とゲーム など

第9回 「やしお枝豆まつり」チラシ(PDF:588KB)

問い合わせ

やしお枝豆まつり実行委員会(八潮市商工会) 電話:996-1926

大瀬の獅子舞と二丁目の獅子舞

八潮市内では毎年、無形民俗文化財の「獅子舞」が2箇所で行われます。いずれも7月に行われる行事で、今年は下記のように行われます。

大瀬の獅子舞<埼玉県指定無形民俗文化財>

大瀬の獅子舞

 

大瀬の獅子舞は江戸時代に始まったと伝えられ、よく雨が降ることから、「どろんこ獅子」とも呼ばれています。浅間神社、氷川神社に2日間かけて奉納されます。
各日、3匹の親子獅子が富士山に登る途中の出来事を描いた舞が56種類、舞われます。

日時 77日(土曜日)午前10時ごろから午後9時ごろまで
     78日(日曜日)午前10時ごろから午後9時ごろまで

場所 大瀬浅間・氷川神社(八潮市大瀬1501番地)

・祈祷獅子

地域の安全を願って大瀬地区を獅子たちが練り歩きます。

日時 平成30722日(日曜日) 午前7時ごろから
場所 宝光寺―大瀬氷川神社―上大瀬地区―下大瀬地区
*八潮駅前は11時ごろ通過する予定です。
(当日の状況により時間が大幅に前後する場合があります)

二丁目の獅子舞<八潮市指定無形民俗文化財>

二丁目の獅子舞


二丁目の獅子舞は、江戸時代に始まったと伝えられ、舞の間に獅子の背を仰ぎながら唄を歌う「ハイチ」や、獅子宿で獅子一行が謡を歌う「バウタイ」が行われるなど、古式にのっとった祭礼が継承されています。

3匹の獅子が地域に邪気が入らないよう、5種類の舞を舞います。かがむ所作が多く、その様子が田の草取りに似ているため「田の草取り獅子」とも呼ばれています。

日時 7月15日(日曜日)午前930分ごろから午後9時ごろまで
場所 二丁目氷川神社(八潮市二丁目196番地1

 

獅子舞のお問い合わせ 八潮市立資料館 ℡048-997ー6666

当院の出前講座にNHKの取材が入りました!

61日(金)午前1030分から、八潮市大原公民館で行われた当院の出前講座「熱中症対策講座」に、NHKさいたま放送局の取材が入りました。

これは、当院がかねてから地域貢献活動として実施している出前講座の状況について記者クラブに情報提供したところ、NHKから取材し放映したいとの申し出をいただいたものです。

この日の講座は、大原美原会(八潮市大原地区の老人会)から依頼があった「熱中症対策講座」で、講師はリハビリテーション科の新井主任(理学療法士)、香坂理学療法士、藤橋作業療法士の3名がつとめさせていただきました。

前半は「予防編」として、熱中症発生の特徴や日ごろの対策についてお話し、後半は「対策編」として、高齢者の熱中症や熱中症が疑われる症状や現場での応急処置について、それぞれ実演を交えてお話しました。

参加された皆さんは30名で、最後まで熱心に受講していました。

IMG_6589

IMG_6594

IMG_6596

IMG_6599

IMG_6601

IMG_6603

IMG_6608

IMG_6612

なお、取材した内容については、1日午後610分からの「首都圏ネットワーク」の中で放映されました。

東武よみうり新聞に当院の出前講座が紹介されました!

528日付の東武よみうり新聞で、当院の出前講座「熱中症対策講座」が紹介されました。

内容は、八潮市母子愛育会からの依頼を受けて、今月9日にリハビリテーション科の大朏翔平・理学療法士が講師となって行われた講座で、八潮市立保健センター会議室で行ったものです。

熱中症対策講座は、平成27年度から当院リハビリテーション科が出前講座を行っており、27年度は2件、28年度は3件、29年度は4件と次第に依頼が増え、今年度は今月から7月にかけて町会、学校、企業などから6件の依頼を受けています。

IMG_6561

救急救命士の病院実習

今年度も草加八潮消防局から、救急救命士の病院実習による再教育の依頼がありました。

救急救命士の再教育とは、救急救命士が行う救急処置や応急処置など、病院救護の能力向上を図るために行うもので、再教育時間は、2年間で128時間とし、病院実習については2年間で48時間以上、残り時間も日常的な教育体制で補われます。

521日(月)から61日(金)までは、八潮消防署の高津雄一救急救命士が実習を行っており、救急搬送された患者の救急診療の補助や各検査の見学などを行っています。

22日(火)午後は、救急外来看護師から器具の使用訓練や関係資料の説明を受けました。

IMG_6531

IMG_6533

IMG_6539

IMG_6540

症例検討会を開催しました!

522日(火)午後330分から、医療連携相談室と訪問看護ステーションによる症例検討会を開催しました。

この事業は、医療連携相談室の医療ソーシャルワーカーが実際に担当したケースを踏まえ、個々のケースの課題と解決策を示し、今後のよりよい支援のあり方を探るために定期的に開催しているものです。

今回は、山崎相談員と古屋相談員から「退院支援」についてそれぞれの症例が報告され、参加者相互の質疑や意見交換を通じて、院内の多職種の職員間の認識の共有、患者さまやご家族などの意向を踏まえたよりよい支援のあり方について話し合いました。

IMG_6547

IMG_6548

IMG_6552

IMG_6554

IMG_6555

IMG_6556

AMGバレーボール大会

平成30513日(日)に、毎年恒例のバレーボール大会が開催されました。

バレーボール経験者で編成されたチームが、病院対抗で戦います。

今年のチームは新人さんが多く、若さ溢れる力で勝ち進み、見事グループで準優勝となりました!

初めての準優勝で応援も大盛り上がり!とても楽しい一日となりました。ブログ3

ブログ5

ブログ6

ブログ2 ブログ4