当院について

平成30年度 八潮中央総合病院 病院指標

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 51 109 134 216 280 508 792 689 193

平成30年度の当院の一般病棟退院患者数は、月平均247名です。
当院の退院患者様を年齢別に見ると、幅広い年齢層の患者様が入院されていますが、 特に60代~80代の患者様が多い傾向にあり、昨年と同じような結果となっています。幅広い年齢層、疾患に対応できる医療を今後も提供できるようにしてまいります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 81 2.31 2.67 0 62.7
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 75 34.97 20.92 12 84.76
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 71 18.51 12.58 2.82 77.92
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 50 5.72 7.40 0 53.16
050130xx99000x 心不全 44 19.59 17.66 4.55 79.18

内科に関しては、最も多い疾患が大腸ポリープとなっています。こちらはあらかじめ外来にて手術前の検査等を済ませ、1泊2日の日程で手術をされる患者様がほとんどである為、短い在院日数となっております。
誤嚥性肺炎、腎臓または尿路の感染症と高齢の患者様が罹患しやすい疾患が上位を占めており、在院日数も長期化する傾向にあります。 長期臥床での治療における筋力・体力の低下に対しても、理学療法を行い早期退院に向けた治療を行っております。
非細菌性腸炎に関しては、患者様の年齢層も他の疾患と比べて低く、在院日数も全国平均と比べて早期退院が可能となっております。
腎臓または尿路の感染症に関しては、在院日数が全国平均より長期化傾向にありますが、早期退院に向けた治療を行っております。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 53 2.09 4.15 0 60.94
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 40 6.03 4.96 0 66.65
060150xx03xxxx 虫垂炎 34 6.41 5.49 0 43
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 24 18.08 12.05 0 68.13
180010x0xxx1xx 敗血症(1歳以上) 21 16.1 22.86 0 63.86

外科に関しては、乳房の悪性腫瘍、ヘルニア、虫垂炎、慢性腎炎症候群、敗血症と多くの疾患に対応しております。
慢性腎炎症候群においては、在院日数が長期化傾向にありますが、早期退院に向けた治療を行っております。
当院は常勤の女性医師により乳癌の治療を積極的に進めております。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070210xx01xxxx 下肢の変形 57 16.19 22.30 0 57.81
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 44 55.77 26.30 9.09 82.57
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 43 11.93 12.80 0 53.26
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 32 66.63 19.61 3.12 80.75
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 31 4.13 21.39 0 67

整形外科に関しては、下肢の変形、股関節大腿近位骨折、滑膜炎・腱鞘炎・軟骨などの炎症、胸椎・腰椎以下骨折損傷、脊柱管狭窄が多くを占めております。
股関節大腿付近骨折、胸椎・腰椎以下骨折損傷に関しては平均年齢が高めということもあり、在院日数が長くなる傾向にありますが、理学療法を積極的に行っており、すべての疾患に対し早期回復、早期退院に向けた治療を行っております。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) - 18.72 - -
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - - 20.17 - -
010060x2990000 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - - 6.67 - -
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - - 16.18 - -
010060x2990410 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - - 21.44 - -

脳神経外科に関しては件数が少ないため非表示となっておりますが、脳内出血と脳梗塞が多くを占めております。
全国平均と比べて在院日数が長期化傾向にありますが、患者様が安心してご自宅へ帰れるよう十分な理学療法を行っており、早期回復・早期退院に向けて治療を行っております。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 108 1.71 2.84 0 75.12
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 - - 7.52 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 - - 6.16 - -
020210xx01x0xx 網膜血管閉塞症 - - 10.78 - -
100070xx97x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) - - 11.14 - -

眼科に関しては、白内障の手術目的の入院が大部分を占めております。
平成29年までは白内障のみの手術例はDPC対象外となっておりましたが、平成30年度よりDPC対象とすることとなり、このような結果となっております。白内障の手術はほとんどの患者様が1泊2日でのご入院となっているため短い在院日数となっております。その他の疾患に関しては件数が少ないため非表示となっておりますが、在院日数は全国平均を下回っており、早期退院に向けた治療を行っております。

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 17 4.18 5.43 0 35.29
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 14 2 2.04 0 54.64
030400xx99xxxx 前庭機能障害 13 4.31 5.10 0 66.31
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.04 - -
030390xx99xxxx 顔面神経障害 - - 9.26 - -

耳鼻咽喉科に関して、在院日数は昨年度に引き続き全国平均より短く早期退院に向けた治療を行っております。
慢性副鼻腔炎、顔面神経障害においては、件数が少ない為非表示になっております。

婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 10 3.1 5.07 0 70.3
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 - - 4.61 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 - - 12.58 - -
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 - - 4.85 - -
120110xx99xx0x 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 - - 8.01 - -

婦人科においては、卵巣・子宮付属器の悪性腫瘍に対する症例数が最も多い結果となりました。主に化学療法にて入院される患者様になります。化学療法は数日の入院を繰り返す形となる為在院日数は短くなっております。その他の疾患は件数が少ないため非表示となっております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 12 19 - 1 7,8
大腸癌 - - 11 24 - - 1 7,8
乳癌 60 10 - - - - 1 7,8
肺癌 - - - 28 11 - 1 7,8
肝癌 - - - - - - 1 8

  ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では、乳癌検診を積極的に行っており、乳癌の早期発見・早期治療に努めております。
その為、stageⅠ・Ⅱの患者様が多くなっており、乳癌検診に一定の効果があると考えております。
また病期分類不明となっているものに関しては、治療前の検査入院が多く入院中に結果が出ないことが理由としてあります。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 34 9.21 52.26
中等症 141 42.21 80.33
重症 27 45.26 82.74
超重症 - - -
不明 - - -

成人市中肺炎の重症度別患者数に関しては、中等症が多くを占めております。
患者様の平均年齢層も高く、肺炎から重篤な感染症に罹患する可能性も高いため、全身状態の管理、適切な抗生剤の使用等を行っており、早期回復・早期退院に向けた治療を行っております。
また長期臥床での治療における筋力・体力低下に対しても理学療法を行い、早期退院に向けた治療を行っております。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 39 55.97 75.33 2
その他 11 57.36 74.09 2

脳梗塞の患者数に関しては、発症後3日以内の急性期の状態の患者様が多くを占めております。
当院は、一般病棟及び回復期リハビリテーション病棟を有している為、急性期治療から在宅にむけたリハビリテーションまで一貫した治療を行うことが可能となっております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 94 1.34 2.82 2.13 63.26
K654 内視鏡的消化管止血術 23 0.35 7.96 0 67.13
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 11 2.55 8.27 9.09 73.55
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 10 29.6 18.3 60 82
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -

内科においては、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を多く行っております。
内視鏡下で行うことから、患者様への負担も少なく早期退院が可能となっております。
他には胆嚢・胆管結石症等で行う内視鏡的乳頭切開術があります。この手術も内視鏡で行うため患者様への負担が比較的少ない手術となっております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 4321- 鼠径ヘルニア手術 41 1.05 13.46 0 66.63
K610-3 4034- 内シャント設置術 35 2.26 17.89 0 67.54
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 33 0.67 7.42 0 43.61
K672-2 54039 腹腔鏡下胆嚢摘出術 28 2.79 5.5 0 54.18
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 20 3.95 6.2 0 67.15

外科においては、開腹手術や腹腔鏡下での手術等、幅広い疾患、手術に対応できる施設を有しております。
また患者様への負担を少しでも減らし早期退院に向けた治療を行っております。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 3684- 骨折観血的手術(大腿) 47 3.23 54.77 6.38 81.45
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 47 1.02 19.64 0 67.72
K0543 骨切り術(足) 40 1 15.68 0 55.33
K0493 骨部分切除術(足) 36 1.08 4.94 0 48.83
K0484 80107 骨内異物(挿入物を含む)除去術(足) 25 1 2.92 0 37.72

整形外科においては、骨折、脊椎、足の手術を多く行っております。
脊椎手術、足の手術の多くで鏡視下での手術を行っており、患者様への負担も少なく早期退院が可能となっております。
また術後の理学療法を積極的に行い早期退院に向けた治療を行っております。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K508-22 気管・気管支ステント留置術(軟性鏡によるもの) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -

脳神経外科における手術は、脳梗塞など脳疾患に関わる手術は当院では行っておりません。
件数が少ないため非表示となっております。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 106 0 0.73 0 74.9
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(縫着レンズ挿入) - - - - -
K281 81231 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -

眼科においては、水晶体再建術が大部分を占めております。
手術後の早期退院が可能となっております。

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - - - - -
K3772 4198- 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K339 粘膜下下鼻甲介骨切除術 - - - - -
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) - - - - -
K342 鼻副鼻腔腫瘍摘出術 - - - - -

耳鼻咽喉科においては、内視鏡下鼻・副鼻腔手術、口蓋扁桃手術を行っておりますが件数が少なく非表示となっております。
患者様の年齢層も低く、早期退院に向けた治療を行っております。

婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -

婦人科における手術は中心静脈注射用植え込み型カテーテル挿入術のみとなっております。
件数が少ないため非表示となっております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 15 0.51
異なる 28 0.95
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 25 0.85
異なる - -

当院における敗血症は「異なる」症例数が多くを占めております。
これは、入院の契機となった疾患と治療の為医療資源を最も投入した傷病名が異なることを表しております。
つまり何らかの疾患により入院となったものの、重症化し敗血症に罹患した症例であると考えられます。
手術・処置等の合併症においては、「同一」症例が多くを占めております。これは、手術、処置後の創部等が退院後に感染症等の合併症に罹患し、その治療目的に入院したことを表しています。感染症に対して抗生剤等を適切に使用し、早期退院に向けた治療を行っております。

更新履歴

2019/09/12 初版作成

当院のご案内

  • \"お問い合わせ電話番号
  • 外来診療時間

      受付時間 診療時間
    午前  8:00~12:00  9:00~13:00
    午後 12:30~16:30 14:00~17:30

    土曜日は、午前のみの受付・診療になります。
    診療科により受付時間は異なります。

  • 休診

    日曜祭日と年末年始
    (12月31日~1月3日)

    ※急患はこの限りではありません

  • 所在地

    八潮中央総合病院
    〒340-0814
    埼玉県八潮市南川崎845番地
    TEL:048-996-1131
    FAX:048-997-2135